活動内容

法人会員制度

児童労働問題の重要性を理解し、賛同いただける法人様に会員としてACEの活動をご支援いただいています。会員特典もございます。

ACEはインド、ガーナ、日本で、児童労働の撤廃を目指し、企業、労働組合などの団体、地域コミュニティ、政府・行政、一般市民の皆様と協力・連携してきました。

活動は、この児童労働問題解決の重要性を理解し賛同いただける企業・団体様に、賛助会員として年会費を頂くことにより支えられています。ACEは、ともに持続可能な社会づくりに取り組むパートナーとして、法人会員を募集しています。

インドのコットン産業、ガーナのカカオ産業のサプライチェーン上にある課題の解決に長年従事してきた経験と、その中で生まれた企業・団体とのネットワークをもとに、児童労働やコットン・カカオ産業に限らず、企業・団体様が抱える人権・労働課題の解決のお手伝いをさせていただいています。

法人会員特典として「ビジネスと人権に関する相談の受付」、「会員間のコミュニティづくり」などを提供しています。法人会員への入会のご検討をよろしくお願いいたします。

 

法人会員年会費/会員特典

・企業 50,000円(1口)~
・労働組合、その他非営利団体 30,000円(1口)~

 ※会員期間
 入会月:3月〜8月 → 期間:3月〜翌年2月
 入会月:9月〜2月 → 期間:9月〜翌年8月

年会費の口数によって、「法人会員交流サロン無料招待」「社内研修」など、さまざまな特典を設けております。詳しくは以下の「申込フォーム」の記載内容をご覧ください。

会員ステータス別
年会費

サポーター
[1口]

パートナー
[2口~]

イノベーター
[6口~]

A:企業

50,000

100,000円~

300,000円~

B:労働組合、
その他非営利団体

30,000

60,000円~

180,000円~

 

特典

サポーター

パートナー

イノベーター

会員証発行(年一回。初回のみ盾付き)

法人会員サロン無料招待 
参加費2,000円×年3回相当)

ACE発行物配布、会員名掲載

ACE著作物(画像・動画・テキスト等)無料使用権
*ACEが支援地等で撮影した画像や情報を、希望によりご使用頂けます。

ACEメルマガでの情報発信

 

ACEイベントでのPRタイム

 

ビジネスと人権(人権方針策定等)に関する相談

 

エンゲージメントプログラム実施(年1回) ※下記一覧より1

 

 

▼エンゲージメントプログラム 一覧(各¥100,000¥300,000相当)

①    社内研修

②    経営者向け研修

③    各種コンサルティング(ステークホルダーエンゲージメント等)

その他、人権デューディリジェンス等、各種プログラムのご用意もございます。別途ご相談ください。

 

法人会員の申込方法

申込フォーム(Wordファイル)」をダウンロードして、必要事項をご記入の上、メールFAXでお申込みください。

  • メールアドレス:partnership % acejapan.org( % を @ に変えて送ってください)
  • FAX:03-3835-7601

ACE法人会員交流サロンとは

IMG_2952サプライチェーンにある人権課題への取り組みについて問題意識をお持ちの企業・団体の皆さまと一緒に、企業経営、団体運営、CSRやCSVなどについて知見を共有するための学びと交流のクローズドな場として、その分野の経験が豊富な有識者の方々を登壇者としてお迎えし、年間3〜4回の頻度で「ACE法人会員交流サロン」を開催しています。

法人会員交流サロンの詳細はこちらから

 

会員企業

旭化成株式会社繊維事業本部ベンベルグ事業部、アシックスユニオン、
株式会社アバンティ、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、株式会社クレアン、
興和株式会社、株式会社小宮コンサルタンツ、タキヒヨー株式会社、
株式会社立花商店、みんな電力株式会社、
森永製菓株式会社、株式会社ヤマグチマイカ、ロイドレジスタージャパン株式会社、
ロート製薬株式会社 ほか

(2018年8月現在)

代表・事務局長からのメッセージ

1997年の設立以来、ACEは「遊ぶ、学ぶ、笑う。そんなあたりまえを世界の子どもたちに」という思いを胸に、インド、ガーナ、日本で、児童労働の当事者である子どもや家族、コミュニティ、企業、政府・行政、市民とともに問題解決に取り組んできました。人権をはじめとする地球規模の課題解決にはコラボレーションとイノベーションが欠かせません。ACEは多様なステークホルダーとともに知恵や力を出し合いながら、持続可能な社会づくりに取り組んでおります。

ACE代表 岩附由香

1997年大学院在籍時にACEを創業。上智大学文学部、大阪大学大学院国際公共政策研究科修了後、NGO職員、会社員、国際機関職員、フリー通訳等を経て、現在はACEの活動に注力。 人権・労働面の国際規格SA8000社会監査人コース修了、CSRに関する知見を持ち、これまで大手上場企業のステークホルダーエンゲージメントに参画。児童労働ネットワーク事務局長、エシカル推進協議会理事

事務局長 白木朋子

明治学院大学国際学部卒業、ロンドン大学東洋アフリカ大学院国際教養ディプロマ課程、サセックス大学・文化環境開発研究所(CDE) 開発人類学修士課程修了。代表の岩附とともに大学在籍中にACEを創業。開発援助コンサルティング会社を経て、2005年4月より現職。 SA8000社会監査人コース修了、サプライチェーンの労働・人権の社会監査、企業との連携などを担当。ガーナでのプロジェクト実施、海外での調査経験も豊富。

 

ACE紹介資料(企業様向け)

brochACE紹介資料(企業様向け)
ダウンロードしてお読みください。

 

ページの先頭へ戻る