コットンのやさしい気持ち

児童労働反対世界デー「コットンの未来をつむごう会議」

このイベントは終了しました

開催日 2013.06.12
開催場所 HUB TOKYO

おかげさまで定員を超える70名以上の方にご参加いただきました。
イベントの様子は、Facebookに掲載した写真アルバムをご参照ください。

ACE Facebookページ 児童労働反対世界デー「コットンの未来をつむごう会議」

児童労働反対世界デー児童労働をなくすために企業ができること、生活者ができること

最近流行しているエコ、ロハス、エシカルな生活。
自分の使っているものがどのように作られているのか考える人が増えてきました。

わたしにとって身近なTシャツやタオルの原料となるコットンは、
いま、児童労働の問題が指摘されています。

毎年6月12日は「児童労働反対世界デー」で、
世界中でこの日に、児童労働に反対するイベントが開催されています。

日本ではこの日、ACEが実施するインドのコットン生産地での
児童労働をなくすためのプロジェクトや日本での取り組みをはじめ、
オーガニックコットンに関わる専門家とジーンズブランドLeeのご担当者から
オーガニックコットンの現状や企業の取り組み事例などを紹介します。

この課題を解決するために、企業や生活者としてできることを
参加者のみなさんと一緒に考える機会をもちたいと考えています。
ぜひご参加ください。

「コットンの未来をつむごう会議」
~児童労働をなくすために企業ができること、生活者ができること~
日時 2013年6月12日(水)19:00~21:00
※6/12は児童労働反対世界デーです
会場 HUB Tokyo
東京都目黒区目黒2-11-3 (目黒駅より徒歩12分)
参加費 500円
定員 60名 ※定員になり次第〆切
主催 認定NPO法人ACE(エース)
協力 電通ソーシャル・デザイン・エンジン
プログラム

1)インド・コットン生産地支援報告
 「インドのコットン生産における児童労働の現状とACEの取り組み」

  成田 由香子 認定NPO法人ACE 国際協力事業インド担当

2)ゲストトーク
 「児童労働をなくすために、企業にできること。生活者にできること。」

 【スピーカー】
  • 稲垣 貢哉 氏 興和株式会社 開発生産部生産課 / Textile exchange 理事
    「オーガニックコットンとは、世界と日本の現状について」
  • 細川 秀和 氏   リー・ジャパン株式会社 取締役
    「メーカー企業としてCSRの取り組みについて」
  • 岩附 由香 認定NPO法人ACE 代表
    「世界のコットン生産と児童労働について」
 【進行】
  • 並河 進 氏 株式会社電通 ソーシャル・デザイン・エンジン部 部長

3)ワークショップ
 「企業、生活者としてできるアクションプランを一緒に考えよう」

申込方法

ACEウェブサイトの「イベント申込フォーム」からお申し込みください。
【申込〆切:6/10(月)】定員に達したため申込を締め切らせていただきました。

ACEのゆるキャラ「コットンとん」がイベントを盛り上げます♪

コットンとん

ACEのゆるキャラ「コットンとん」

インドのコットン畑では、たくさんの子どもたちが働いているって・・・ 衣服や生活で使うコットン製品がつくられている背景には、いろんな問題あるみたいとん。オーガニックやフェアトレードのコットンとかもあるらしいとん。人にも地球にもやさしいコットンのこと、考えたいとん・・・


 

6月12日は児童労働反対世界デーです

※国際労働機関(ILO)は、毎年6月12日を児童労働反対世界デー(World Day against Child Labour)と定めました。毎年、この日に合わせて、世界中で最悪の形態の児童労働の撤廃を目指し、集中的な児童労働問題の広報・啓発活動が行われています。本イベントは「ストップ!児童労働キャンペーン2013」の賛同イベントとして実施いたします。

「コットンの未来をつむごう会議」イベント案内ちらし

児童労働反対世界デー児童労働をなくすために企業ができること、生活者ができること

ページの先頭へ戻る