児童労働って?フェアトレードって?小さな一歩を踏み出した、日本の女の子の奮闘記。「チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?」日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のあるチョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。彼女たちは動き出しました。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。果たして、彼女たちの想いはみんなに届くのか??これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。

 
映画「バレンタイン一揆」ストーリー出演者・ガーナ訪問報告上映会開催応援者寄付のお願い

設立15周年特設サイト HOME > 自主上映会

映画『バレンタイン一揆』を上映してみませんか?

●学校で実施する場合→学校教育用DVDをご活用ください

映画『バレンタイン一揆』学校教育用DVD(ジャケットイメージ)教育を目的とした学校内での授業や行事で映画を上映できるDVDを販売しています。学校内での上映会や学校図書館での貸出が可能です。(学校教育用DVDとして販売し、教育目的での利用のみに限らせていただきます

定価:18,000円(税別)

映画『バレンタイン一揆』のDVD化にあたり、聴覚障がい者や映画の舞台でもあるACEが支援するガーナの人々や英語を母語とする方々にも映画のメッセージをお伝えできるよう、映像のバリアフリー化を行いました。登場人物のセリフやナレーションに日本語字幕と、日本語のセリフ部分に英語字幕を追加し、日本語字幕と英語字幕を選択できるようになりました。

>>【映画『バレンタイン一揆』学校教育用DVDの詳細はコチラ】<<

  • 権利者の承認を得ずに複製等、改変、譲渡、レンタルすること、公の上映、公衆放送(放送・インターネット・デジタル配信)等に供することを禁止します。
  • 商品や付属品に印刷されているデザイン、写真、ロゴ等著作物の無断使用は固くお断りします。
  • 教育目的の授業や行事での無料上映会に限り、同一学内での上映や学校図書館での貸出ができます。

※このDVDは、住友商事株式会社からのご支援と、MDRT Foundation-Japan(一般社団法人MDRT 日本会の社会貢献部門)の助成を受けて制作しました。

●学校以外で上映する場合→自主上映、または講演+上映会をご依頼ください

有料上映会の開催や、教育目的以外で上映する場合は、市民上映サイト「cinemo(シネモ)」から自主上映会をお申込みください。※自主上映会に関するお問い合わせは、cinemoを運営するユナイテッドピープルへお問い合わせください。

【自主上映(市民上映会)を申し込む】
(ユナイテッドピープル株式会社)
【上映会と講演を依頼する】
(認定NPO法人ACE)

<上映料金>1日ライセンスの場合
最低保障料金30,000円(税別)
※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)。
※1日毎に料金が発生します。

<宣伝材料> ちらし料金1セット(B5 100枚)800円(税別) ポスター料金1セット(B2 3枚)1,000円(税別)

<送料> 全国一律510円

<上映料+講師派遣料>
学校・非営利団体:40,000円(税別)〜
企業・労働組合:60,000円(税別)〜
※講師料は時間や対象人数、ご予算に応じて調整が可能です。 まずはご相談ください。

<交通費> 交通費は実費のご負担をお願いしています。遠方で交通費負担が難しい場合も、まずはご相談ください。

市民上映会開催|バレンタイン一揆|cinemo 講師派遣申込フォーム(Wordファイル)」に必要事項をご記入の上、FAXやメールでお申込みください。

 

映画をご覧になったみなさんの感想

  • アフリカの現状をこの映画を通して知ることができた。自分たちが普段、普通に食べているチョコレートがこのような大変な思いをして働いている子どもたちが作っているんだと知り、涙が出てきました。今後も、このようなことを、たくさんの人に伝えることが大切だと思います。(10代 学生)
  • 私たちが何気なく消費している物の裏に児童労働という大きな問題があったなんて、いままで考えたこともありませんでした。知るということは大切。私もまわりの人々に伝えていきたいです。ありがとうございました。(30代 教員)
  • 普通の高校生が生身で感じたガーナの姿がとても新鮮でした。映画はただありのままの出来事を映しているだけなのに、本当に大切なメッセージをたくさん伝えていたと思います。ガーナも、高校生の彼女たちも、ACEも、みなさんをこれからも応援していきたいと思います。(女性:コンサルタント)

  • 児童労働問題に関しては無知な私ですが、「できることから一歩」ということ「ふがいない自分と向き合う」ことにとても共感を受けました。麻穂ちゃん、アリカちゃん、琴子ちゃんの顔、表情の変化が印象的で3人の今後がとても楽しみです。 (女性)

>>【その他の映画感想・コメントはコチラ】<<

 

映画『バレンタイン一揆』の全国各地での自主上映会開催へ向けご協力お願いします

映画『バレンタイン一揆』は、ACEの設立15周年を記念して製作した映画です。みなさんのご支援とご協力によって、これまでに1,000人を超える子どもたちを児童労働から守り、学校へ通えるように支援することができました。しかし、今もなお危険で有害な児童労働に苦しむ子どもたちは1億6,800万人以上います(国際労働機関2014年発表推計)。

日本では、まだまだ児童労働について考える機会は少なく、児童労働がどこか遠くの出来事だと思われています。そんな児童労働と世界の子どもたちをより身近に感じ、「自分たちにも子どもたちにできることがあるんだ」と感じてもらえるようにと映画『バレンタイン一揆』を製作しました。ACEは、この映画『バレンタイン一揆』をより多くの方に観ていただくことはもちろん、ひとりでも多くの子どもたちを児童労働から守り、笑顔を届けられるよう取り組んでまいります。ぜひ応援よろしくお願いいたします!

世界の子どもの権利基金

月1,000円からできる子ども支援「マンスリーサポーター」募集中!
月々決まった金額をクレジットカードや銀行から自動でご寄付いただける仕組みです!クレジットカードカードによる募金・寄付


学校教育用DVDの販売を開始しました

映画『バレンタイン一揆』学校教育用DVD(ジャケットイメージ)2016年2月8日より、映画『バレンタイン一揆』学校教育用DVDの販売開始しました。このDVDは、学校教育用DVDとして、教育を目的とした学校内での授業や行事で映画を上映いただけます。

映画『バレンタイン一揆』のDVD化にあたり、聴覚障がい者や映画の舞台でもあるACEが支援するガーナの人々や英語を母語とする方々にも映画のメッセージをお伝えできるよう、映像のバリアフリー化を行いました。登場人物のセリフやナレーションに日本語字幕と、日本語のセリフ部分に英語字幕を追加し、日本語字幕と英語字幕を選択できるようになりました。

>>【映画『バレンタイン一揆』学校教育用DVDの詳細はコチラ】<<

 

映画『バレンタイン一揆』
映画「バレンタイン一揆」ストーリー出演者・ガーナ訪問報告上映会開催応援者寄付のお願い
▲ページTOPへ

Copyright © ACE , All rights reserved. ACE本体サイト