寄付・入会のお願い

世界の子どもを守ろう!子どもの権利サポーター募集!

子どもの権利サポーター募集中

月1,000円からの支援で世界の子どもの笑顔を守ろう!

「子どもの権利」が「あたりまえ」の社会を目指して

インドの子どもたち権利は英語で“Rights”(ライツ)と書きます。その言葉の意味は、ひらたくいえば「あたりまえのこと」。どんな国、どんな家庭に生まれても、子どもにとって、あたりまえであってほしい、教育を受ける権利、経済的搾取から守られる権利、虐待から守られる権利などをまとめたものが『子どもの権利条約』です。ACEのキャッチフレーズ「遊ぶ、学ぶ、笑う。そんなあたりまえを、世界の子どもたち」も、実はこのRightsを意識して「あたりまえ」を使っています。

ガーナの女の子

子どもは人生の一番初めの時間をさします。この貴重な子どもの時間に、自分らしく、「この世の中は生きるに値する」「生まれてきてよかった」と感じられるような子ども時代を過ごせるように。それが社会の一般的な通念と実践になるように、ACEは働きかけていきたいと思っています。 

私たちと一緒に、「子どもの権利」を尊重し、まもり、すべての子ども・若者が自らの意志で人生や社会を築くことができる世界をめざして、ともにに歩んでくれる仲間を大募集中です。 

あなたの月1,000円が、子どもたちの人生を変えます。 皆さまのご入会、心よりお待ちしています!

ACEの子どもの権利サポーターとは

クレジットカードもくしはご指定の金融機関から、任意の金額を、毎月継続してACEへ寄付ができる仕組みです。ご寄付の金額は、月々1,000円(1日約33円)から、任意の金額を自由に設定できます。ご寄付いただく期間は決まっておりませんので、停止のお申し出をいただくまで継続されます。

継続的なご寄付によって、支援を必要としている子ども・若者を、一回だけでなく、継続的に支えることができます!(※これまで「ACEマンスリーサポーター」と呼んでいた仕組みを、2018年10月から「子どもの権利サポーター」という名称に変更しました。)

「児童労働のない未来」のため、継続的なご支援お願いします!

 

子どもの権利サポーターは子どもたちの夢の実現を支援!

ゴッドフレッドくんの夢は「村で最初の医者になること」ガーナのカカオ農園で働いていたゴッドフレッドくんは、父を亡くし、母子家庭で家族を支えなくてはいけませんでした。それまで、学校に通えず、カカオ畑で働きつづけていましたが、2009年からACEが始めた支援活動「スマイル・ガーナ プロジェクト」を通じて、学校へ通えるようになりました。

「病院のない村で治療が遅れて命を落とす 人たちを何人も見てきた。だから医者になって村の人たちを助けたい。」という想いを胸に、ゴッドフレッドくんは郡で一番の成績で中学校を卒業しました。ゴッドフレッドくんの夢は、医大に進み、村で初めての医者になることです。

「ぼくが暮らしている村では、ACEの支援によって子どもを働かせるのではなく、学校に行かせるようになりました。ACEと日本のみなさんに心から感謝しています。でも、まだガーナのほかの村では、子どもたちがカカオ農園で働いています。他の村の子どもたちも労働ではなく、学校に通えるよう、ぜひ応援してください。」(ゴッドフレッド・オティ)

 

みなさんの支援でできること

1,000円で

コットン生産地の子どもたちを児童労働から守るため
インドの子どもたちに1カ月分の給食を支援することができます。

5,000円で

学校へ通えるように厳しい状況の家族へ学用品を支給
ガーナで厳しい生活環境の子どもたちに学用品一式を支援することができます。

8,800円で

縫製・刺繍の職業訓練を受ける女の子たち
インドの女の子たちが職業訓練で使うミシンを1台買うことができます。

 

ACE「子どもの権利サポーター」の仕組み

クレジットカードもくしはご指定の金融機関から、任意の金額を、毎月継続してACEへ寄付ができる仕組みです。ご寄付の金額は、月々1,000円(1日約33円)から、任意の金額を自由に設定できます。ご寄付いただく期間は決まっておりませんので、停止のお申し出をいただくまで継続されます。

寄付の方法は「口座からの自動引落」か「クレジットカード決済」を選べます。
(※VISA、MASTERのクレジットカードが使えます)

選べる子どもの権利サポーターの寄付方法
銀行口座からの自動引き落としのお申込はコチラから

口座自動引き落としでの寄付申込

クレジットカードでのお申込はコチラから

クレジットカードでの寄付申込

 

子どもの権利サポーターになると
  • 定期的に年次報告書や活動レポートが届きます
  • 毎月の寄付は寄付金控除/税額控除の対象になります(詳しくは寄付金控除についてをご覧ください)

ACE代表 岩附由香よりメッセージ

岩附由香

ACEは2004年から「マンスリーサポーター」制度を開始し、現在約450名弱の方が毎月ご寄付をくださっています(2018年10月現在)。ありがとうございます!このマンスリーサポーターの名称を2018年10月から「子どもの権利サポーター」に変更しました。

「権利」って、硬い・・・そう思われたた方も、多いかもしれません。入り口は、もっと誰でも入りやすい名前のほうがいいのではないか、という意見もありました。 それでもどうしても私がこの名前にこだわったのは、ワケがあります。 「子どもの権利」を広めたい、と思ったからです。

なぜそう思ったかというと、その理由は2つあります。

ひとつは、子どもにまつわる問題、虐待、体罰、ブラック校則、児童労働、性的搾取、などの問題が「なぜ起きるのか」と「なぜ?」を繰り返していくと、行きつく答えが「子どもには人として大切にされる、尊重される権利が、ある」ということ自体が、知られていない、理解されていない、また実際にどのようにしたらいいのかわからない、そういう状況下で様々な問題が起きているのではないかと思うからです。

もうひとつは、「子どもの権利」という言葉を使うこと自体に意味があると思うからです。 私たちは20年前に、日本の団体がほとんど見向きもしなかった「児童労働」という問題に取り組みはじめました。はじめは「貧困をまずなくさないと、順番が違う」とか、「教育を充実させれば自然に解決する」とか言われたりして、なかなか理解してもらえませんでした。

でも今、児童労働と検索すると、多くのNGOもこの言葉を使って自団体の広告を出していますし、私たち以外の方々の口から「児童労働」という言葉を聞く機会が、企業や研究者やエシカル業界などでも増えてきました。それを目の当たりにしたとき「とにかく言い続けること、発信し続けることで、他の人もアドボケートになってくれる」と実感したのです。

「児童労働」自体もまだ一般的になったとはいえません。それでも、市民権はだいぶ得てきたように思います。これからACEが「子どもの権利」と言い続けることで、それをサポーターの名前にわざわざつけることで、子どもの権利を日本に広めるチカラにしたい。そう思ったのです。

子どもの権利サポーターはACEのひとつのチャレンジです。 なんだかよくわからないという方もまだ多いと思います。 これから時間をいただいて、少しづつ、工夫してお伝えできるようにしたいと思っています。ぜひこのチャレンジを応援してください。よろしくお願いします!

 

わたしたちも応援しています「子どもの権利サポーターの声」

木下 彩さん(庭のホテル 東京 代表取締役 総支配人)

木下彩さん(庭のホテル 東京 代表取締役 総支配人)有名ホテルに勤務後、結婚。グループホテルである静岡グランドホテル中島屋勤務等を経て、1994年に株式会社東京グリーンホテル(現 株式会社UHM)に取締役として入社、翌年には代表取締役に就任。2009年5月に庭のホテル 東京を新築オープンし、2011年4月より同ホテル総支配人を兼務。

世界の子どもの7人に1人が児童労働をさせられているという現状に驚いたのがきっかけで、大学の後輩で、同じ女性が頑張っているACEをマンスリーサポーターとして応援しています。

詳しくはこちら

 

 

ACE子どもの権利サポーター「一問一答」(Q&A)

Q.寄付したお金はどのように使われるのですか?
サポーターのみなさまからの寄付金は、国内外でのACEの児童労働をなくすための活動に使わせていただきます。ご寄付の20%は事務管理費にあてさせていただきます。
Q.どんな活動報告が届きますか?
年に4回、活動報告として年次報告書や活動レポートを郵送でお送りします。また、現地からの最新情報をメールでもお届けしています。
Q.どうして毎月の寄付が必要なの?
決まった金額をご寄付をいただくと、数ヶ月先まで寄付額の予測を立てることができ、より計画的な支援ができるからです。緊急で支援が必要になったときもすぐに対応ができます。
Q.寄付は税額控除の対象になりますか?
子どもの権利サポーターによるご寄付は、税額控除や寄付金控除の対象になります。
詳しくは「税額控除・寄付金控除について」をご覧ください。
Q.毎月の寄付額や口座・引落方法を変更することはできますか?
毎月の寄付額や引き落とし方法を自由に変更することができます。変更をご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
Q.寄付を停止することはできますか?
寄付の自動引落は、停止・休止することができます。ご連絡いただいた翌月より引落処理を停止させていただきます。

「寄付を続けられるかちょっと分からない・・・」という方もいらっしゃると思います。ですが、始めてみないと続けられるかも分かりません。始めてみないと、0のままです。もし、寄付の継続ができなくなった場合も、ご寄付を停止することができますので、ぜひ、はじめの一歩を踏み出してみてください!

子どもの権利サポーターに申し込む

 

団体概要

正式名称 特定非営利活動法人ACE
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
連絡先 電話番号 03-3835-7555  FAX番号 03-3835-7601
※受付時間 平日10:00~18:00(土日祝 休み)
設立 1997年12月
2005年7月 東京都よりNPO法人として認証を受ける
2010年3月 国税庁より認定NPO法人として認定される
2015年1月19日 東京都より認定NPO法人として認定される
スタッフ 専従8人、非専従6人、インターン2人(2017年8月時点)
支援者 正会員:135人 賛助会員:[個人]70人[法人]30(2017年8月時点)
432名(2017年8月時点)
財産規模(総収入) 9,475万円(2017年度収入)
受賞歴

 

子どもの権利サポーター以外にも、クレジットカードで好きな活動へ直接寄付いただくこともできます。ぜひ、あなたの想いをカタチにしてみてください。応援をよろしくお願いします。

好きな金額を特定の活動に寄付

クレジットカード募金・寄付へのお申し込み

活動や地域を選んで寄付をする

ACEの募金種類について

 



 

 

ページの先頭へ戻る