幸せへのチョコレート

ガーナ・カカオ生産地の児童労働

カカオ畑での収穫風景

チョコレートの原料カカオは、赤道近くの高温多湿な地域で栽培されます。そのカカオ生産地では、農薬の使用や森の伐採などにより生態系や環境が破壊されたり、地域の子どもたちが学校に行けずに危険な労働を行っていたり、さまざまな問題がおきています。ガーナを含む西アフリカ4カ国で、カカオ農園で数十万人の子どもが働き、そのうちの64%が14歳以下であることが分かりました(国際熱帯農業研究所、2002年)。

 

ガーナ・カカオ生産地で働く子どもたち

ガーナ、カカオ畑での児童労働

ACEが2008年2月にガーナのアシャンティ州で行った調査では、子どもがカカオ作りのすべての工程に関わり、 机やイスが足りないなど、学校の設備も不十分であることがわかりました。農園ではナタや農薬などを扱うため、ケガや病気の危険にもさらされています。

カカオを収穫できるのはガーナの南の方だけ。産業が少なく、少しでもよい暮らしをしたいとガーナ北部や隣国ブルキナファソ、トーゴから移住してくる家族も少なくありません。ガーナのカカオ農園は小規模な家族経営であることが多く、子どもが家族の手伝いとして働いている場合もありますが、人身取引で連れてこられた子どもたちもいます。

ガーナのカカオ生産地の今

政府による啓発活動の成果もあり、ガーナのカカオ生産地では児童労働をなくし、子どもの教育を徹底しなければならないという意識が広がっています。子どもたちも重労働により慢性的な疲労感や体の痛みなどを訴えており、改善を望む声が多く聞かれます。

カカオ農家は「ぼくたちはこれからも質のいいカカオをたくさん作るようにがんばるのでこれからも日本の人たちにたくさんのカカオを買ってほし い」と言います。そして「チョコレートを食べるだけではなく、もっとカカオを作る人間のことも知り、カカオを買う時に適正な値段で買ってほしい。」と話していました。

参考:チョコレート1枚につきどれくらいが生産者の収入になるのか
チョコレートはカカオ豆だけでなく、砂糖やミルクなどの原材料が使われています。商品によって原材料の比率やカカオの値段も国によって異なるため、チョコレート1枚当たりのカカオ生産者の収入を算出するのはとても難しいことです。例えば、70gの板チョコでカカオ含有量40%の場合、ガーナのカカオ生産者価格(*)で計算すると、生産者の収入は板チョコ1枚につき2.8円(約3%)程度だと考えられます。

(*)「カカオ生産者価格」2009年7月調査時点の価格
1袋(64kg)=102ガーナセディス=約6,500円
1kg=約100円で計算(2009年10月29日為替レート)

カカオ農家と子どもを支援する活動「スマイル・ガーナ プロジェクト」

ガーナのカカオ生産地域の子どもたち

この状況に対しACEでは、子どもたちが危険な労働から守られ、学校でしっかりと教育を受けられるよう、2009年2月からガーナのアシャンティ州アチュマ・ンプニュア郡で、カカオ農家へ対する支援活動を行っています。2012年までに、254人の子どもたちが新たに学校へ通えるようになりました。

ガーナでの支援活動「スマイル・ガーナ プロジェクト」

 

ガーナの子どもたちを笑顔にするために
応援よろしくお願いします!

チョコ募金

ページの先頭へ戻る