寄付・入会のお願い

チョコ募金

ガーナのカカオ生産地域の子どもたちを支援「チョコ募金」

チョコ募金の申込みフォームはこちらから

*決済方法は、「クレジットカード」または「銀行振込」をお選びいただけます。
*郵便振替をご希望の場合、「銀行振込」をお選びください。郵便振替の情報も一緒にご案内いたします。

※寄付申込フォームをリニューアルしました。寄付申込フォームの入力方法についてご不明点等ございましたら、下記までお問合せください。

お問い合わせフォーム
*お問い合わせ内容は、「寄付・募金・入会・退会」をお選びください。
電話:03-3835-7555(平日10:00~17:00)


チョコ募金とは、アフリカ・ガーナのカカオ生産地の子どもを支援するための募金です。みなさんから寄せられたチョコ募金は、ガーナ・カカオ生産地の子どもを危険で有害な児童労働から守り、学校へ継続して通えるように支援する活動に役立てさせていただきます。

バレンタインデーやホワイトデーは、ワクワクする一方、プレゼント選びやお返し選びであれこれ迷ってしまうこともありますよね。

女性の場合

 みんながあげているから・・・
 渡す相手が多いと出費が・・・

男性の場合

 実は甘いものが苦手で・・・
 お返しに気を使うから・・・

あげる/あげない、もらった/もらえなかったに関わらず、みんなが笑顔になれるバレンタインデー/ホワイトデーがいいですよね。いままで義理チョコをあげていた方も、もらっていた方も、バレンタインデー/ホワイトデーは、日頃の感謝の気持ちをチョコレートに込める代わりに、カカオの国の子どもたちの笑顔のために「チョコ募金」をしてみませんか?

アフリカ・ガーナのカカオ生産地で働く子どもたち

制服もなく教室の一番後ろで授業を受ける14歳の子ども2008年、当時14歳だったエバンスくんは、1つ年上のお兄さんと一緒に小学4年生の教室の一番後ろの席に座っていました。入学するはずの年齢のときに入学できなかったため、年下の子どもたちと机を並べて勉強していました。ガーナの小学校では制服を着なければなりませんが、エバンスくん兄弟は制服を着ていません。ペンやノートすら持っていませんでした。

エバンスくんは「畑で働いたほうが家族のためになると思って、学校を休んで畑仕事をするんだ」と言い、一日中、カカオ農園で草刈りやカカオの運搬をしていました。

子どもたちの笑顔を守るため、私たちにできること

再会したエバンスくんは制服を着て元気に学校へ通っていますACEはガーナのカカオ生産地域の子どもたちを児童労働から守るため、教育環境の整備や農家の収入向上などに2009年から取り組んできました。エバンスくんの家に何度も訪ね、児童労働の危険性や教育の大切さを粘り強く訴え、学用品の支給なども行いました。2年後、エバンスくんは制服を着て、6年生のクラスの一番前の席で一生懸命勉強するようになっていました。

例えば、5,000円で子ども1人に学用品一式を支援できます

チョコ募金は子どもを児童労働から守るための仕組みづくりに役立てられています。ガーナは幼稚園から中学校までの義務教育には授業料はかかりません。しかし、ノートや鉛筆、制服などの学用品は自分たちで準備しなくてはいけません。どうしても学用品を買うことが難しい家庭には、学用品一式を無料で提供し、経済的負担を少しでも減らすことで子どもが学校に通えるようにサポートしています。

学校へ通えるように厳しい状況の家族へ学用品を支給

学用品の支給以外にも、子どもたちを危険な労働から守り、継続して学校へ通よえるようにさまざまな活動を行っています。

子どもの保護と就学支援

学校の教室で元気に授業を受けているガーナの子どもたち住民ボランティアによる見回り活動や家庭訪問を通じて、労働や就学状況のチェックや親の説得を行っています。

子どもや村人による環境改善

村や学校の問題を子どもたちが話し合っている様子学校では子どもたち自身が話し合い、子どもとおとな、みんなで村や学校の環境改善に取り組んでいます。

カカオ農家の収入向上

カカオ生産の技術を高めるため農業トレーニングを実施農業の技術トレーニングを行ったり、貯蓄や小規模融資の仕組みを作ったり、農家の収入向上に取り組んでいます。

\こんな成果がでています/
  • 440人の子どもが児童労働をやめ、学校へ通えるように!
  • のべ4,000人の子どもが継続して学校へ通えるように!
  • 村に児童労働を禁止する条例ができました!
  • カカオの収穫量が増えて、農家の家計が安定しました!

ACEは、カカオ生産地の子どもたちが継続して学校へ通えるよう、さまざまな活動を行っています。一人でも多くの子どもが笑顔で、夢に向かってがんばれるように、「チョコ募金」を通じて、応援よろしくお願いします!

 

「チョコ募金」への寄付方法

チョコ募金の申込みフォームはこちらから

※寄付申込フォームをリニューアルしました。寄付申込フォームの入力方法についてご不明点等ございましたら、下記までお問合せください。

お問い合わせフォーム
*お問い合わせ内容は、「寄付・募金・入会・退会」をお選びください。
電話:03-3835-7555(平日10:00~17:00)

ご寄付の金額
  • ご寄付の金額は、ご自身でお好きな金額をお選びいただけます(手数料の関係で、1,000円以上でご入力をお願いいたします)。
ご寄付の方法
  • ご寄付の方法は、「クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners)」、または「銀行振込」からお選びいただけます。
  • 郵便振替をご希望の場合は、「銀行振込」をお選びください。銀行口座情報と一緒に、郵便振替の情報もご案内いたします。
領収書の宛名・宛先
  • 当団体への寄付申込み時のご登録名、ご住所とさせていただきます。
  • お申込み情報と領収書の宛名・宛先が異なる場合は、寄付申込フォームの「領収書名」に宛名を、「備考」に領収書送付の宛先をご入力ください。
領収書の発行
  • 当団体にてご入金が確認できた日付で発行しております。当団体にてご入金が確認でき次第、順次郵送でお送りいたします(今回のみのご寄付の場合)。
  • クレジットカード決済の場合、各決済代行会社から当団体に入金されるまで1~2ヶ月かかりますので、あらかじめご了承ください。
  • 紛失などによる領収書の再発行はいたしかねますので、大切に保管してください。
  • 海外在住の方への領収書の送付は、運営費の節減節減のため行っておりません。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
寄付控除
「毎月の寄付」でACEの活動を応援できる「子どもの権利サポーター」も募集中!

 

「チョコ募金」の活用例

プレゼントのイメージアイコンバレンタインデーにチョコレートを「あげるつもり」で

チョコレートをあげるつもりで「今年のバレンタインは、日頃の感謝の気持ちをチョコレートに込める代わりにガーナの子どものために募金させてもらいました」と伝えてみてください。そして、プレゼントした相手にはぜひ「お返しはチョコ募金」をお願いしてみてください。

お返しのイメージアイコンプレゼントをもらったホワイトデーの「お返しの代わり」に

バレンタインにプレゼントをくれた人に「ホワイトデーのお返しはガーナの子どもたちのための募金にしてもいいですか?」と聞いてみてください。快諾してもらえたら、ホワイトデーのお返しの代わりにチョコ募金をお願いします。

会社のイメージアイコン同僚と一緒に「今年は子どもたちへの寄付」に

勤め先の同僚と相談して「プレゼントの代わりにガーナの子どもを笑顔にするための募金にさせてください」と提案してみてください。女性はもちろん、男性みんなで相談してチョコ募金をご検討ください。(ご希望の方には、募金箱もお送りします)

個人はもちろん、職場や学校のみなさんで協力してチョコ募金を集めていただくこともできます。

 

現地の支援活動担当スタッフ

ACE事務局長 白木 朋子

白木 朋子(事務局長)

初めてガーナの村を訪れた時は、貧しい家庭の子どもは学校に行かずに働くのがあたりまえでした。支援を始めてから少しずつ村は変わり、今では子どもが学校に通うことがあたりまえになりました。学用品の支給が子どもの学習意欲を高め、カカオ農家へのトレーニングが収入向上の支えになり、親の教育への意欲を高めています。チョコレートを食べるわたしたちが、カカオを作る村のためにできることを、これからも続けていきます。

ACE国際協力事業(ガーナ)担当 近藤光

近藤 光(国際協力事業ガーナ担当)

2012年4月からスマイル・ガーナ プロジェクトを担当してます。ガーナでの活動がはじまってから、村では多くの子どもたちが学校に通えるようになり、おとなたちも子どもの教育の大切さを理解するようになりました。村は明るさと希望にあふれ、とても前向きに動き出しています。

ガーナの子どもを危険で有害な児童労働から守るため
ぜひ、「チョコ募金」にご協力お願いします!

チョコ募金をする

※寄付申込フォームをリニューアルしました。寄付申込フォームの入力方法についてご不明点等ございましたら、下記までお問合せください。

お問い合わせフォーム
*お問い合わせ内容は、「寄付・募金・入会・退会」をお選びください。
電話:03-3835-7555(平日10:00~17:00)

 

寄付・入会に関するお問合せ先

まず「よくあるご質問」をご覧いただき、それでも分からないことがありましたら「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

よくある質問「寄付・募金・入会について」
お問い合わせフォーム

         

あなたにも、今、できることがあります。子どもの権利サポーター募集中

ページの先頭へ戻る