ACE[エース]とは

スタッフ&インターン

スタッフ紹介

岩附由香

 

岩附 由香(代表)

「なんで子どもが働いてるんだろ?」いわゆる途上国で、子どもが働いていることに疑問を持った大学4年の時からはや?年。子どもの搾取的労働をなくし教育を実現させるために地球の5大陸、8万キロをのべ1億5千万人が歩いた「児童労働に反対するグローバルマーチ」を知り、「こんな機会を逃すのは惜しい!日本でも実現させたい!」との思いで1997年、学生の頃に仲間とACEを立ち上げました。

以来、働く子どもたち、国内外のNGOスタッフ、いろいろな人やムーブメントと出会い、そこでの共感がエンジンとなって、今もACEの代表として活動を続けています。

詳しくはこちら

小林 裕(事務局長 / 副代表)

大学のゼミで訪れたインドに魅せられ、1997年のACE立ち上げ当初から参加。1998年には「児童労働に反対するグローバルマーチ」にインドで岩附、白木とともに参加。児童労働という複雑で、見えなくなっていた問題を、どうしたらもっと多くの人に知ってもらえるのか?そして現地での活動だけでなく、日本にいる自分たちの日常の小さな変化から解決できるのでは?という想いで関わり続けています。おそらくこの出発点は、大学の先生が投げかけた「貧困が児童労働の原因なのか?それとも児童労働が貧困の原因なのか?」という疑問に、明確に確信を持って答えたいと思ったことで、未だに模索中。

現在は自身のマーケティング会社を運営しつつ、PRやファンドレイズを主に担当。

白木朋子

 

白木 朋子(副代表)

1974年宮城県仙台市生まれ。大学のゼミのフィールドワークでインドを訪問。ホスピスでエイズに母子感染した赤ちゃんに出会った時、「このままではいけない!」と、世界の子どもに関わる仕事をめざす。バックパッカーとして旅する中で、路上で働く子どもたちに出会ったことも原点のひとつ。これまで訪ねた国は20カ国に上る。

1997年のACE立ち上げ当初から参加。開発援助コンサルティング会社での勤務を経て、2005年4月より現職。海外プロジェクトの管理、講演・ワークショップ、CSRコンサルティング、事務局統括を担当。チョコレートはダーク、ビター派。

詳しくはこちら

成田由香子(ACEスタッフ)
成田 由香子(事務局次長 / 広げよう!子ども権利条約キャンペーン事務局)

大学時代に国際協力NGOの活動に関わり、インドへ初めて行ったのが人生の転機となりました。インドでの貧富の格差、経済的に貧しい家庭の子どもたちの過酷な状況にショックを受け、またそのような社会を変えるカギは教育だ!と実感しました。その後、インドでソーシャルワークを学んだり、国際協力の仕事をしたりして暮らしました。学生時代に、子どもの権利について知ったことも人生における大発見でした。

現在ACEで、日本の子どもの権利の実現を推進するキャンペーンの運営、子ども若者のセーフガーディングの取り組み推進、組織運営や子ども若者支援事業のサポートなどを行っています。子どももおとなと共に尊重される社会、子どもがエンパワーされ、自ら持つ力を発揮して人生を選択できる社会の実現に貢献したいと思っています。

詳しくはこちら

PR・エンゲージメント担当 山下みほこ
山下 みほこ(PR・エンゲージメント担当)

 

IT企業での勤務を経て、外務省NGO専門調査員を委嘱、2009年よりACEスタッフに。 これまでに、SalesforceやOffice365などのITツールの整備や、寄付つきチョコレート等のグッズ販売、寄付キャンペーンの実施、支援者とのコミュニケーション、広報等を担当。川崎生まれの横浜育ち。SalesforceユーザグループNPO分科会会長。

坂口 志保(総務・経理担当)

「“女の子”というだけで学校に行けない子どもが世界にはいます。」という国際機関の広告が国際協力に興味を持ったきっかけです。その広告には学校に通えるようになった女の子が目をキラキラさせた写真がありとても印象的でこんな子どもたちを増やしたいと思いました。

大学時代は、カンボジアに小学校を建てるNGOに参加。社会人になってからはアパレル会社に勤務。NPOスタッフ養成研修を受講。前職の会社とACEでコラボレーションするのがちょっとした野望!?です。よろしくお願いします!

近藤光(ACE ガーナ・プロジェクトマネージャー)
近藤 光(ガーナプロジェクト マネージャー)

青年海外協力隊(ガーナ・ウガンダ)、国際協力プロジェクト調整員(アフガニスタン・ウガンダ)を経て、2012年4月よりスマイル・ガーナ プロジェクト担当として、ACE2人目の男性スタッフとなる。

ガーナ協力隊員時代、防犯のため家に外灯を付けたところ、その下で夜子どもが勉強するようになり、感謝された経験から、いつか子どものための仕事がしたいと考えるようになる。なぜか「雰囲気がACEらしくない」といわれることが多い。最近 メタボ対策でランニングを始めたが、食生活はいまだに肉多め。

詳しくはこちら

青井プロフィール写真
青井 彩乃(啓発・市民参加事業チーフ)

小学生のときに見たテレビ番組がきっかけで抱いた「生まれたところが違うだけで苦しんでいる子どもがいる」という理不尽さへのモヤモヤを持ち続け、大学では国際問題を学び、カンボジアへのスタディツアー等に参加。 卒業後、企業への就職・勤務を経て、2015年よりACEに在籍。啓発・市民参加事業のチーフとして、一般市民や学生向けの講師派遣やグッズ販売、ウェブでの発信などをおこなう。趣味はホルンを吹くこと。二児の母。

詳しくはこちら

ACEスタッフ 田柳優子
田柳 優子(子ども支援事業チーフ/インドプロジェクト)

大学在学中に、子どもを保護するインドの現地NGOでのインターンシップを経験。ストリートチルドレンなど様々な境遇の子どもたちと出会い、厳しい環境で生きる彼、彼女たちに自分ができることの小ささ、無力さを感じながら帰国しました。何もできないことが悔しく、その年にACEのスタディツアーに参加しました。ACEと出会い、改めて「児童労働」はなくさなければならない問題だと感じると共に、もっと多くの人が働きかければ解決できる問題なんだ、と感じました。

大学卒業後は旅行会社での勤務を経て、ACEスタッフとなりました。今は日々、人が集まった時に生まれる力の大きさを感じながら活動をしています。労働から抜け出せないままおとなになってしまう子どもをこれ以上増やさないために、一緒に行動する仲間になってください。

詳しくはこちら

杉山 綾香(児童労働ネットワーク事務局 / 啓発・市民参加事業担当)

12~14歳までインド ニューデリーで生活、自分と同じ年齢の子どもが働いている姿を目の当たりにし、文化・人種・宗教の違いに加え、貧富の格差に衝撃を受けたのは今でも忘れられません。当時通っていた日本人学校にて、「児童労働に反対するグローバルマーチ」の日本人職員の特別授業から、普段目にする光景が「児童労働」という国際問題であること、そして「児童労働はなくせる」ことを教えもらい、国際協力に携わる仕事に興味を持ちました。

大学在学中に『インド 児童労働』と検索したところからACEに出会い、ボランティアや学生チームとして活動に参加、大学卒業後は塾講師を経験し、2015年からスタッフとなりました。

今は他のNGOや労働組合とネットワークを組んだキャンペーン運営や学校等でのワークショップを通じて、日本国内の啓発活動をしています。自称「なんでもファシリテーター」、そしてスタッフからは「あやぱん」と呼ばれております。ぜひ一緒に児童労働のない未来へ向けて一歩を踏み出しましょう!

詳しくはこちら

桐村 康司(PRチーム プレス担当 / ソーシャルビジネス推進事業担当)

丹波の山間ののどかな街に生まれ育ち、幼いころより世界を舞台に活躍することを夢見る少年でした。幼い頃の夢を叶えようと憧れの「商社マン」として社会へ巣立ったかつての少年は、担当業務のひとつとしてインドや東南アジアでの綿衣料の委託生産や買付けのお手伝いをしていました。「フェアトレード」や「エシカル・ファッション」という言葉自体が存在しない、仕入れ側には「古き良き時代」で、特に疑問も感じることもなく平均的な日本人のバイヤーを演じていました。

長い年月が流れ、「オジサン」と呼ばれる年齢になった彼は、ふとしたことから児童労働問題を知ります。ACEのサイトで可哀想な子たちの話を読み、そういう子たちを一人でも多く救い出そうと汗を流す人たちの存在を知り強く心を揺さぶられ、気付けばACEの職員になっていた、そのオジサンこそが私です。貧困問題が世界の持続的発展の障害になること、児童労働が貧困と格差の増幅につながる現実に目覚め「なんとかせねば」という思いに駆られています。ACE広報担当として、かつての私と同じ普通の人たちがこの意識を共有し、ともに行動を起こしてくださるきっかけづくりができればと思います。

太田 まさこ(アドボカシー事業チーフ)

世界中すべての子どもたちが、学校へ通い、遊び、幸せな子ども生活を送れることを目指して活動しています。1998年にジュネーブで開催された「児童労働に反対するグローバルマーチ」に参加し、インドやパキスタンなどで、児童労働やノンフォーマル教育に関する調査やプロジェクトを行ってきました。

ACEではアドボカシーを担当しています。困難な状況にいる子どもたちの声を日本や世界のリーダーをはじめ多くの人に届け、社会が変わっていくように貢献したいと思っています。ご支援よろしくお願いします。(写真は、パキスタン国ラホール市近郊の子どもが働いているレンガ工場で、いかに重労働かを体験)

及川 有希子(ソーシャルビジネス推進事業チーフ)

長年メーカーに勤務し、日本製品を販売し海外でその良さを認めてもらえることが日本人として誇らしく思えることでした。生産拠点が人件費の安い海外に移ることがどんどん進む中、社会人になっての学び直し中、企業の海外進出に伴う問題を取り扱った授業で、途上国は法規制が整っていないことが多く、本社のある先進国の法規制ではNGなこともまかり通ってしまうので倫理的な判断にゆだねられるということが心に引っかかり、誰かが犠牲になってしまうことのない経済活動を行いたいと思い開発経済を学ぶため前職を退職。MBAと開発経済学を学び、サプライチェーン上の人権問題について関心を深め2018年8月よりACEスタッフとなりました。特に社会的に弱い立場である子どもへのしわ寄せにより起こってしまう児童労働をなくすために、企業の持つよりよい社会を築いていける力を借りながら、企業の社会的価値を向上できるように協働していくことを目指しています。

赤堀友希プロフィール写真
赤堀 友希(ガーナプロジェクト マネージャー)

学生時代にガーナの北西部を訪れて、農家さんたちのほとんどが自給自足の生活をしていることに驚きました。経済的な貧しさを解決するには、農家さん自身がビジネスの仕方を身に着ける必要があるのではと感じ、まずはビジネスについて学ぼうと民間企業に就職しました。その後、青年海外協力隊、開発コンサルタント会社、独立行政法人を経て、2021年1月より、スマイル・ガーナ プロジェクト担当としてACEスタッフになりました。ご支援いただいている日本の皆さんと、ガーナの皆さんの力を合わせて、チョコレートのよりよい未来を目指していきます!

川村 祐子(リサーチャー)

国際問題を学んでいた大学在学中に触れた児童労働。当時は、どこか遠い国の問題だと思っていた私ですが、卒業後に化学品メーカーで勤務する中、グローバル化した経済によって環境面でも人権面でも、地球上のある一部の人々に負担がのしかかっていること、そして日本にいる私たちも児童労働を生み出す構造の中にいることを実感。社会の仕組みを変えるにはどうしたら良いのかを模索するために持続可能な開発に特化した開発学を学ぶ中、ACEに出会い、2021年6月にスタッフになりました。

ACEでは、主にソーシャルビジネス推進とアドボカシーを担当しています。インドやガーナで児童労働をしている子どもたちに教育の機会を取り戻してもらえるよう、現地そして日本での仕組みづくりに貢献していきたいと思っています。

インドプロジェクト マネージャー
森 瑞貴(インドプロジェクト マネージャー)

インドのコットン種子生産において48万人もの子どもが働いているという事実に、大きな衝撃を受けました。

今の世界は、子どもたちの笑顔をつくる未来へと向かっていますか?世界が向き合う多くの課題に、子どもたちがちゃんと自分の意思で向き合い、希望を持てる毎日を生きてほしい。そんな毎日を紡ぐのが私たちの責任だと思っています。

児童労働から子どもを解放することによって、子どもの学ぶ機会を取り戻すことはもちろんですが、子どもが安心して毎日を過ごし、笑顔や希望が自然と溢れてくる日常を生きられるように、私ができることをしたいと思い、2021年6月にACEに入職しました。

双子の男の子の母です。

総務担当スタッフ
馬場 恵(総務担当)

カカオの生産地で子ども達が働いていることを知ったのは、もう20年近くも前のこと。それ以来、「この原料のカカオ生産にも子どもが関わっているのかな」とモヤモヤしつつも、自分にできることはないと諦め、チョコレートの甘さばかりを味わう日々を送っていました。ある日、ひょんなことからACEのウェブサイトに辿り着き、手が届かないと思っていた問題の解決に向けて動いてきた人達が日本にもいることを知ってショックを受けると同時に、自分にもできることがあると気がつき、2021年6月からACEのスタッフになりました。

ACEの活動を通して、かつての私と同様「できることはない」と思っている方達に、「なにかができる」と小さなチェンジを起こせたら、と思っています。

総務担当スタッフ
廣瀬 夕紀(総務担当)

大学時代、教育を受けられないタイの子どもたちに出会い、生まれ育つ場所が違うことで人生が変わってしまう世界が現実にあることを知りました。そんな状況を改善しようと奮闘するNGOの存在を知り、国際協力について学ぶなかで、世界と密接につながっている私たちの生活や社会のしくみを変えていくことが大切だと思うようになりました。

2021年7月にACEに入職。子どもたちが自分の力で人生を切り開き、希望する道を歩んでいけるよう、自分にできることをしていきたいと思います。

インターン紹介

うーぴょん(ソーシャルビジネス、アドボカシー担当)

学部の国際貿易専攻から大学院の国際協力学専攻に移り、同じく世界のつながりを研究する分野ではあるが、それを見る目が大きく変わった。ACEでのインターンを通して、世界の子どもたちを取り巻く国際問題を知りたい、市民社会による開発の可能性を考えたいと思う。

えみたん(啓発・市民参加事業担当)

高校生の時、貧困をダイレクトに解決できるのは収入に関わる労働なんじゃない?と思い立ち、すべての人がディセントワークを実現するには?を模索するため、大学院で開発学における労働問題を勉強しました。修論執筆中にACEのインターン募集に出会い、ご縁を繋いでいただいた今、ロンドンから啓発・市民参加事業チームのインターンを続けさせていただいています。社会課題をじぶんごととして捉え直せるような発信を目指しています。

あやか(啓発・市民参加事業担当)

大学で国際法の観点から人権について学んでいます。子どもの人権問題に触れる機会も多かったため、ACEの活動に興味を持ち、インターンに応募しました。私は啓発事業の中でも児童労働という問題について多くの方に知ってもらうためのイベントの開催や日本で働く学生に向けて働く子どもの権利に関する発信に携わっています。日々の業務の中で学ぶことも多く、充実したインターン生活です。

リリ(ソーシャルビジネス担当)

高校生の時にファッション業界における児童労働問題を知り、興味を持ちました。「自分を幸せにしてくれる洋服や食べ物が誰かを不幸にしていてはならない。」という思いから、大学では大人の労働問題にも視野を広げ、どうすればビジネスがもっと平等になるのかという問いを持ち勉強を進めています。ACEでのインターンでは労働者を守り、サプライチェーンから不平等を無くすために自分ができることを探し活動しています。

みのり (アドボカシー、児童労働ネットワーク担当)

私は企業や団体とともに取り組んでいるチョコプロジェクトからACEを知りました。チョコレート事業に限らず、様々な角度から児童を守るための活動に参加し、なにか役に立ちたいという思いからインターンを始めました。インターンをするなかで、学ぶことや考えさせられることは多く、世界各地で労働をしている子どもたちを身近に感じるようになりました。活動を通して、児童労働を多くの人に認知してもらい、私たちにもできることは沢山あるということを発信していきたいと思っています。

 

ACEの「ゆるキャラ」もよろしくね♪

てんとう虫チョコのてんちゃん
てんちゃん

チョコレート担当(暑いと溶けちゃう)

『しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ』の“てんちゃん”です♪ チョコを食べる人とガーナの子どもたちにしあわせを運ぶためにがんばってま~す♪ 暑いの苦手。普段はACEの事務所にいるよ。チョコレートがつくるもっとしあわせな未来を目指してます♪

コットンとん
コットンとん

コットン担当(暑い季節もへっちゃら)

コットン畑で生まれたコットンとん。大きい鼻で悲しい気持ちをかぎつけます。つくる人にも使う人にもやさしいコットンを広めるのが夢。オーガニックなものとお外が好きだとん。農薬は嫌いだとん。コットンとんファミリーもいるよ。

キクよん
キクよん

子どもの声を聞く係(長い耳がチャームポイント)

おしゃべり大好き、“キクよん”でーす♪ 「話したいな」「言いたいことあるよ」っていうみんなの話をキク(聞く)よん♪ 「知ってほしいな」って思うこともつぶやくよん♪ 子どもたちの声はとっても大切。その声をしっかりと受け止めて、みんなの想いがかなうように応援します♪

         

あなたにも、今、できることがあります。子どもの権利サポーター募集中

ページの先頭へ戻る