ACE[エース]とは

スタッフ&インターン

スタッフ紹介

ACE代表 岩附由香


岩附 由香(代表)

「なんで子どもが働いてるんだろ?」いわゆる途上国で、子どもが働いていることに疑問を持った大学4年の時からはや?年。子どもの搾取的労働をなくし教育を実現させるために地球の5大陸、8万キロをのべ1億5千万人が歩いた「児童労働に反対するグローバルマーチ」を知り、「こんな機会を逃すのは惜しい!日本でも実現させたい!」との思いで1997年、学生の頃に仲間とACEを立ち上げました。

以来、働く子どもたち、国内外のNGOスタッフ、いろいろな人やムーブメントと出会い、そこでの共感がエンジンとなって、今もACEの代表として活動を続けています。

詳しくはこちら

ACE事務局長 白木朋子


白木 朋子(事務局長)

1974年宮城県仙台市生まれ。大学のゼミのフィールドワークでインドを訪問。ホスピスでエイズに母子感染した赤ちゃんに出会った時、「このままではいけない!」と、世界の子どもに関わる仕事をめざす。バックパッカーとして旅する中で、路上で働く子どもたちに出会ったことも原点のひとつ。これまで訪ねた国は20カ国に上る。

1997年のACE立ち上げ当初から参加。開発援助コンサルティング会社での勤務を経て、2005年4月より現職。海外プロジェクトの管理、講演・ワークショップ、CSRコンサルティング、事務局統括を担当。チョコレートはダーク、ビター派。

詳しくはこちら

ACE国際協力事業(インド)担当 成田由香子
成田 由香子(事務局次長 / 子ども支援事業チーフ / インド・プロジェクト マネージャー)

大学時代に国際協力NGOの活動に関わり、インドへ初めて行きました。インドでは都市や農村でくらす貧しい家庭の子どもたちの状況を見て、その過酷さに、自分が育った環境とは全く異なりショックを受けました。同時に社会を変えるカギは教育だ!と実感しました。それがきっかけで、インドでソーシャルワークを学びに留学したり、国際協力の仕事で暮らしたりしました。 

現在は児童労働をなくし子どもの権利が守られるコミュニティづくりを支援するプロジェクトの実施管理、コットン産業での児童労働に関するソーシャルビジネス推進などを担当しています。子どもにとって大切なことは何か、日本でどんなアクションができるか、学び考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

詳しくはこちら

ACEソーシャルビジネス事業担当 山下みほこ
山下 みほこ(啓発・市民参加事業チーフ)

IT企業での勤務を経て、2008年6月NGO専門調査員を委嘱、2009年4月よりACEスタッフになりました。ACEに入ってみて思うのは、NGOも企業も組織であることに変わりはないということ。以前は、「この分野で貢献するには特殊技能が必要なのでは?」と思っていましたが、組織を運営する上では、特別なことが必要なわけではないという気づきは私にとっての大きな発見でした。

現在はデータベースをはじめとする支援者の方とのコミュニケーションツールの整備や「てんとう虫チョコ」などの寄付つき商品の販売を担当しています。川崎生まれの横浜育ち。神奈川県でもACEの活動を盛り上げていくことを、ひそかに狙っています!

ACE総務・経理担当 坂口志保
坂口 志保(総務・経理担当)

「“女の子”というだけで学校に行けない子どもが世界にはいます。」という国際機関の広告が国際協力に興味を持ったきっかけです。その広告には学校に通えるようになった女の子が目をキラキラさせた写真がありとても印象的でこんな子どもたちを増やしたいと思いました。

大学時代は、カンボジアに小学校を建てるNGOに参加。社会人になってからはアパレル会社に勤務。NPOスタッフ養成研修を受講。前職の会社とACEでコラボレーションするのがちょっとした野望!?です。よろしくお願いします!

近藤光(ACE ガーナ・プロジェクトマネージャー)
近藤 光(ガーナ・プロジェクト マネージャー)

青年海外協力隊(ガーナ・ウガンダ)、国際協力プロジェクト調整員(アフガニスタン・ウガンダ)を経て、2012年4月よりスマイル・ガーナ プロジェクト担当として、ACE2人目の男性スタッフとなる。

ガーナ協力隊員時代、防犯のため家に外灯を付けたところ、その下で夜子どもが勉強するようになり、感謝された経験から、いつか子どものための仕事がしたいと考えるようになる。なぜか「雰囲気がACEらしくない」といわれることが多い。最近 メタボ対策でランニングを始めたが、食生活はいまだに肉多め。

詳しくはこちら

ACE物販担当 青井彩乃
青井 彩乃(物販担当)

「いつか国際協力の仕事がしたい」という思いは漠然と抱いていたのですが、中でも「子どもの笑顔を守りたい」と思うようになったのは、自分にも子どもができたことがきっかけでした。寄付文化が根付かない日本において、買う/売る という「誰にとっても当たり前の行為」を通じて気軽に国際貢献ができる、この物販の仕事に可能性を感じています。

児童労働という問題は日本の私たちの生活とも密接に関わっている。だからこそ、私たちの行動が変われば何か変えられるかもしれない、と考えています。せっかくママになったので、母親目線での国際協力活動ができないかと密かに目論んでいます。「ママの力を活かした国際協力」、ぜひ一緒にやってみませんか♪

ACEスタッフ 田柳優子
田柳 優子(「コットンのやさしい気持ち」インドプロジェクト担当)

大学在学中に、子どもを保護するインドの現地NGOでのインターンシップを経験。ストリートチルドレンなど様々な境遇の子どもたちと出会い、厳しい環境で生きる彼、彼女たちに自分ができることの小ささ、無力さを感じながら帰国しました。何もできないことが悔しく、その年にACEのスタディツアーに参加しました。ACEと出会い、改めて「児童労働」はなくさなければならない問題だと感じると共に、もっと多くの人が働きかければ解決できる問題なんだ、と感じました。

大学卒業後は旅行会社での勤務を経て、ACEスタッフとなりました。今は日々、人が集まった時に生まれる力の大きさを感じながら活動をしています。労働から抜け出せないままおとなになってしまう子どもをこれ以上増やさないために、一緒に行動する仲間になってください。

杉山 綾香(児童労働ネットワーク事務局・アドボカシー事業担当)

中学時代をインド ニューデリーで過ごし、自分と同じ年齢の子どもが働いている姿に衝撃を受ける。そんな中、「児童労働に反対するグローバルマーチ」に務める日本人スタッフさんの特別授業にて、普段見かける光景が「児童労働」という問題であるということを学び、これまた衝撃を受ける。帰国後もその衝撃は薄れることなく、大学時代にACEと出会う。ボランティアや学生チームPeACEに参加し、2015年より児童労働ネットワーク事務局担当としてACEスタッフになる。

私も児童労働に関心を持ったのは、それが問題であると「知った」ところからでした。現在はキャンペーン運営や学校等でのワークショップを通じて、どうやったら知らない人に関心を寄せてもらえるかを模索中。ACEスタッフからは「あやぱん」と呼ばれております。ぜひ一緒に児童労働のない未来へ向けて一歩を踏み出しましょう!

成塚 雅美(アドボカシー事業アシスタント)

アメリカの大学に留学し、卒業後はニューヨークの日系企業でWebサイトを作る仕事をしていました。2005年に帰国後、派遣職員として働いていた図書館で、インドのカーペット工場の子どもたちの写真展を手伝ったことをきっかけに、児童労働のことを知りました。2016年3月から、ACEのスタッフとなり、現在はACE Webサイトを担当しています。

カイラシュ・サティヤルティさんの ”Globalize Compassion" を目指して、一人でも多くの方に児童労働を身近な問題と感じてもらえるように、日々活動していきたいです。

桐村 康司(広報担当)

丹波の山間ののどかな街に生まれ育ち、幼いころより世界を舞台に活躍することを夢見る少年でした。幼い頃の夢を叶えようと憧れの「商社マン」として社会へ巣立ったかつての少年は、担当業務のひとつとしてインドや東南アジアでの綿衣料の委託生産や買付けのお手伝いをしていました。「フェアトレード」や「エシカル・ファッション」という言葉自体が存在しない、仕入れ側には「古き良き時代」で、特に疑問も感じることもなく平均的な日本人のバイヤーを演じていました。

長い年月が流れ、「オジサン」と呼ばれる年齢になった彼は、ふとしたことから児童労働問題を知ります。ACEのサイトで可哀想な子たちの話を読み、そういう子たちを一人でも多く救い出そうと汗を流す人たちの存在を知り強く心を揺さぶられ、気付けばACEの職員になっていた、そのオジサンこそが私です。貧困問題が世界の持続的発展の障害になること、児童労働が貧困と格差の増幅につながる現実に目覚め「なんとかせねば」という思いに駆られています。ACE広報担当として、かつての私と同じ普通の人たちがこの意識を共有し、ともに行動を起こしてくださるきっかけづくりができればと思います。

太田 まさこ(アドボカシー事業オフィサー)

世界中すべての子どもたちが、学校へ通い、遊び、幸せな子ども生活を送れることを目指して活動しています。1998年にジュネーブで開催された「児童労働に反対するグローバルマーチ」に参加し、インドやパキスタンなどで、児童労働やノンフォーマル教育に関する調査やプロジェクトを行ってきました。

ACEではアドボカシーを担当しています。困難な状況にいる子どもたちの声を日本や世界のリーダーをはじめ多くの人に届け、社会が変わっていくように貢献したいと思っています。ご支援よろしくお願いします。(写真は、パキスタン国ラホール市近郊の子どもが働いているレンガ工場で、いかに重労働かを体験)

中野 秀美(ファンドレイジング  アシスタント)

中学生の頃、カンボジアの子どもを支援しているNGO職員さんの話を聞いたことがきっかけで、「困っている子がいるなら力になってあげたい!」と思うようになり、「将来は過酷な環境にいる子どもたちのサポートができる仕事に就きたい!」という夢を持つようになりました。大学時代にはアジア諸国に行き、改めて子どもたちの置かれている状況に心苦しくなるとともに、子どもたちのたくましさに心動かされました。わたしはいまの子どもたちに、未来に何が残せるか、その答えを探してたどり着いた1つの答えが”児童労働のない未来"でした。

新卒で入ったITコンサルティング会社での勤務を経て、2016年11月よりACEに在籍。主に、ファンドレイジング、講師派遣コーディネート、IT・システム管理を担当。趣味は、テコンドー、英会話、ファシリテーション、ジグソーパズル、コーヒー等。子ども達の顔がいきいき輝く世界を目指して頑張ります!よろしくお願いします。

インターン紹介

新しいインターンの紹介は現在更新中です。随時このページで紹介していきます。

 

 

 

 

 

ACEの「ゆるキャラ」もよろしくね♪

てんとう虫チョコのてんちゃん

"てんちゃん"

コットンとん

"コットンとん"
チョコレート担当(暑いと溶けちゃう)

『しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ』の“てんちゃん”です♪ チョコを食べる人とガーナの子どもたちにしあわせを運ぶためにがんばってま~す♪暑いの苦手。普段はACEの事務所にいるよ。チョコレートがつくるもっとしあわせな未来を目指してます♪


コットン担当(暑い季節もへっちゃら)

コットン畑で生まれたコットンとん。大きい鼻で悲しい気持ちをかぎつけます。つくる人にも使う人にもやさしいコットンを広めるのが夢。オーガニックなものとお外が好きだとん。農薬は嫌いだとん。コットンとんファミリーもいるよ。


ACE一同、精一杯がんばってまいります!応援よろしくお願いします!

ACEスタッフ集合写真(2015年4月撮影)

2015年4月、BumB東京スポーツ文化館での合宿中に撮影(応援よろしくお願いします!)

 

         

あなたにも、今、できることがあります。マンスリーサポーター募集中

ページの先頭へ戻る