「しあわせへのチョコレート」プロジェクトとは | 世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)

幸せへのチョコレート

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトとは

チョコレートを食べる人と作る人、みんなが一緒にしあわせになれるように。

カカオ生産地の子どもたちを児童労働から守り、日本の企業や消費者、日本やガーナの政府など、カカオの生産と消費に関わるみなさんとのコレクティブインパクトで児童労働を予防・撤廃し、児童労働のないチョコレートがあたりまえに手に入る社会の実現を目指した活動です。

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトの背景

カカオの実を一ヶ所にあつめ、ナタで中身を取り出す作業

日本は年間約27万トンのチョコレートを消費する世界第3位のチョコレート消費国です。そのチョコレートに欠かせないのがカカオ豆。世界で取引される約500万トンのカカオ豆のうち、約7割が西アフリカで生産されています(2019/20年、チョコレート・ココア協会)。西アフリカのカカオ生産地域では、18歳未満の子どもが義務教育を受けられず、危険な労働を余儀なくされる児童労働が問題となっています。その数は、世界第1位と第2位のカカオ生産国であるコートジボワールとガーナだけでも156万人に上ると言われ、このうちコートジボワールは79万人、ガーナは77万人です(2020年、シカゴ大学)。

日本に輸入されるカカオ豆の約7割はガーナ産です。

ガーナでカカオを作る生産者や、日本でチョコレートを食べる消費者、チョコレートでビジネスを行う企業をつなぐことで、カカオ生産地での児童労働をなくし、すべての子どもが質のよい教育を受けること、おとなも安全な環境で働き生活を向上し自立していけること、チョコレートに関わるすべての人たちがハッピーになれる循環を実現することを目指し、ACEは2009年に「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを開始しました。

また、ガーナのカカオ生産地域での支援のほか、日本のカカオ業界の方々と、各企業の調達地域およびカカオ生産国でいかに児童労働をなくし、予防することができるかについて議論をし、日本やガーナで協働をしています。また、2018年からはガーナ政府と連携し、ガーナの政府が進める児童労働を予防する仕組み「児童労働フリーゾーン」の構築に向けて技術支援を行っています。

特にカカオ生産者が公正な収入を得られるよう、すべての子どもが教育を受けられるよう、法制度や行政を整えるため国内外政府へのアドボカシー活動も近年注力しています。

 

カカオ産業の課題と「しあわせへのチョコレート」プロジェクト詳細について

カカオ生産地の児童労働

カカオの実をナタで割る作業カカオ産業は、児童労働・森林破壊・カカオ生産者の貧困など、さまざまな課題を抱えています。

詳しくはこちら

ACEの現地支援プロジェクト

ガーナの子どもの笑顔ガーナのカカオ生産地で、児童労働から子どもたちを守り教育を支援する「スマイル・ガーナ プロジェクト」を行っています。

詳しくはこちら

企業との連携

カカオ業界全体で児童労働の撤廃をめざすべく、チョコレート企業各社との連携を進めています。

詳しくはこちら

ガーナ政府との協働

これまでの活動を生かし、「児童労働フリーゾーン」などカカオ生産国での行政制度づくりに貢献すべく、国内外政府と協働しています。

詳しくはこちら

啓発活動:消費者ができること

ガーナへの支援になるチョコレートを買うことで、支援に加わることができます。

詳しくはこちら

お知らせ・報告

ガーナのカカオ生産地域の子どもたち「しあわせへのチョコレートプロジェクト」に関するお知らせや活動報告を発信しています。

詳しくはこちら

これらの活動は、個人、学校・団体、企業などのみなさまからのご寄付により支えられています。ぜひACEの「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを応援してください!温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

※プロジェクト紹介リーフレットのダウンロードはこちらから
しあわせへのチョコレートプロジェクト(PDF)

ガーナの子どもたちを笑顔にするために
応援よろしくお願いします!

チョコ募金