活動内容

日本の子ども支援

日本にも児童労働は存在します。子どもの7人に1人が貧困状態にあるなか、児童労働から子どもを守り、子どもの権利を実現するための活動を行っています。

日本における児童労働とは

子どもを児童労働から守るために、国際労働機関(ILO)によって「最低年齢条約」(第138号条約)と「最悪の形態の児童労働条約」(第182号条約)が制定されています。これらの条約を日本は批准していて、労働基準法に反映されています。ただし、労働基準法では国際条約で定められたすべての児童労働が含まれておらず、「児童福祉法」「児童買春・児童ポルノ禁止法」「風俗営業適正化法」なども適用されています。

国際基準に基づき、日本での児童労働は次のようになります。

1.労働基準法によって、年少者(18歳未満)に禁止されている労働

 (1) 就労最低年齢と危険有害な労働の就業制限

 ・18歳未満
  子どもの安全、健康、道徳を害するおそれがある危険有害な労働(→詳しくはこちら)は、禁止
 ・満15歳<就労最低年齢>
  満15歳に達した日以降の最初の3月31日が終了するまでの労働は、原則として禁止
 ・満13歳
  軽易な労働を含むすべての労働が、原則として禁止

 (2) 深夜業(午後10時から翌日午前5時まで)は、原則として禁止

 (3) 時間外労働や休日労働は、原則として禁止

児童労働の範囲の図

 

 

 

 

 

 

2.国際条約で定められた危険有害労働

子ども自らがかかわった場合だけでなく、他人から強制された場合も児童労働と見なされます。

 (1) 現代的奴隷(人身取引、債務労働、強制労働、子ども兵士など)

 (2) 買春やポルノに子どもを使用

 (3) 犯罪など不正な活動に子どもを使用(特に薬物の生産や取り引き)

 (4) 子どもの安全、健康、道徳を害し、心身の健全な成長を妨げる危険で有害な労働(→詳しくはこちら)

 

ACE 日本の子ども支援プロジェクト

先進国の児童労働者数は200万人と推計されています(国際労働機関、2017年)。日本にも児童労働は存在し、持続可能な開発目標(SDGs)の目標8、ゴール7「2025年までの児童労働撤廃」を達成するためには、日本においても児童労働をゼロにしなければなりません。

ACEは2016年9月から日本の児童労働について調査を開始しました。さまざまな形態の児童労働が存在することが分かり、なかには危険で有害な労働に従事して命を落としたり、身体や心の健康を害された子どももいます。また、違法な労働条件や劣悪な労働環境などブラックバイトと言われている状況下で働かされている子どもも多くいます。

児童労働から子どもを守り、子どもが子どもらしく生き、夢を実現できるようにサポートします。

1.児童労働の実態調査

 日本における児童労働の形態、規模、特徴、要因などを調査しています。調査結果を発信して、多くの人に児童労働問題を知ってもらうとともに、問題解決に向けたACEの活動を計画するために生かします。

 

2.子どもを児童労働から守るための啓発活動

児童労働の観点から労働基準法などを説明した2種類のリーフレットを作成、配布しています。

「あなたのアルバイトは、だいじょうぶ?」

「あなたのアルバイトは、だいじょうぶ?」(子ども向け)働いている子どもや働こうと考えている子どもが、「働く人を守るルール」について知って、危険で有害な労働、児童労働、ブラックバイトから自分の身を守りましょう!

「あなたのアルバイトは、だいじょうぶ?」ダウンロードはこちら

 

「あなたの職場で、年少者の労働環境が守れていますか?」

「あなたの職場で、年少者の労働環境が守れていますか?」ダウンロードはこちら年少者(18歳未満)にも労働基準法が適用され、さらに年少者の健康や福祉を守るために特別な規定があります。子どもを雇っている人、親、学校の先生などは、これらを理解して、児童労働を予防しましょう!

「あなたの職場で、年少者の労働環境が守れていますか?」ダウンロードはこちら

 

全国の定時制高校を中心に配布しています。お寄せいただいた感想の一部をご紹介します。

生徒さんからの感想

<ためになった>
「ためになることばかりで、すごいと思いました」
「ケースごとに対処法が書かれていて、わかりやすかった」
「いざっていうとき使えそう」
「働く時に知っといた方が良いことが書かれてて、よかったです」
「パラパラと飛ばしで読んだが、内容がそれぞれのアルバイトなどに詳しく書かれたり注意点などがあっていいと思った」
「話では聞いたり、言われたりするけど、冊子が手もとにあるだけで少しは落ち着く」

<アルバイト経験がない生徒>
「私はまだアルバイトをしていませんが、いずれ働いてトラブルに巻き込まれたりなどした時に、役立ちそうな内容だと思いました」
「これからバイトを探すうえで気を付けるべきことが、だいたい書いてあって読みがいがあった」
「まだしたことないけど、そんなブラックアルバイトあるんだって思いました」
「悩み解消や、辞め方まで載ってあって、勉強になった」

<アルバイトをしている生徒>
「自分が働いているところでは、大丈夫です。ためになった」
「アルバイトについてもう一度あらためて考えた」
「アルバイトをしていながら、知らないことがたくさんあったのでとてもためになりました。万が一の時に、保存しておいています」
「普通だと思ってたことがそうじゃないことを知った」
「振り返って見ると、自分のバイト先はグレーゾーンかもしれないと気づけた」
「職場の環境を照らし合わせて、考えることができたのがよかったのと、もしもの時の相談先が示してあったのがよかったと思います」
「自分が働いた時間を計算して、自分でも自分の給料を把握しておくといいかも、と思いました」

<トラブルについて>
「シフトがきついのでアルバイトも楽ではない。上手な断り方を知りたい」
「仕事をなかなか辞めさせてもらえない。身近な問題だと思った」
「アルバイト先でレジのお金が不足して、給料から差し引かれたことがありました。もっとたくさん知りたいと思いました」
「バイト先で『遅刻1回100円罰金』って言われていることが違法だと知ってびっくりした」

先生からの感想

「表紙のチェック項目は、見やすかった」
「分かりやすい資料で、質問に対する答えがしっかり書かれている」
「アルバイトに関する知識が身に付く良い資料だと思います」
「アルバイトへの意識・法律に守られていると書いているところが、役に立つ」
「定時制の生徒はアルバイトをしているので、よい機会になりました」
「定時制の生徒はアルバイトをしている生徒が多いので、しっかり聞いてくれた」

配付の前に教員研修を実施

配付の前に教員研修を実施定時制高校では、アルバイトや就職をしている生徒が多くいます。生徒から聞いた話から、「その仕事ってだいじょうぶなのかな?」と先生は思うことがあるそうです。

リーフレット「あなたのアルバイトは、だいじょうぶ?」を生徒に配布するにあたって、児童労働について教員研修をしたいというご要望を神奈川県下の定時制高校からいただきました。児童労働の定義、児童労働から子どもを守るための国際条約や国内法などについて説明した後、ある児童労働の事例への学校としての対応をグループ・ディスカッションするという研修を行いました。

多くの先生方から、「研修は役に立った」というお声をいただきました。

「教育現場で生かせる内容でとても勉強になりました。ありがとうございました」
「定時制の生徒は、何かしらのアルバイトについている割合が高いので、児童労働に関して知る・考えることができてよかったと思います」
「大切な生徒を守るための知識をいただきました。生徒のアルバイトの話を聞くと『給料が高い』ことだけに注目し、アルバイトを始める子が多くいるように感じます。生徒にも正しい知識を伝えていきたいと思います」

また、日本の法律が児童労働から子どもを守るためには不十分である点についても、ご意見をいただきました。

「子どもを守る法整備が必要と感じた」
「グレーゾーンを無くしていくことが児童労働を減らす一歩だと思いました」

 

◆リーフレットの内容を説明する研修会などのご希望がありましたら、お知らせください。

研修会・講演の依頼はこちらから

◆リーフレットの内容について、コメントなどをお寄せください。(「分かりやすい」「役に立った」「こうした方がいい」「これも含めてほしい」など)

Email:advocacy%acejapan.org(%を@に変えて送信してください)
Fax:03-3835-7601

 

3.児童労働予防プロジェクト

中学校を卒業後、高校を中途退学後、高校など学校へ行きながら、働いている子どもたちを主な対象とし、学校や地域と連携しながら子どもを児童労働から守るためのプロジェクトを開始します。

 

活動報告

2020年6月7日
「九州・沖縄地区子ども支援ネットワーク ゆんたく会」で日本の児童労働について意見交換しました

新型コロナウイルスの影響によって、世界中で児童労働が増えるのではと懸念されています。「九州・沖縄地区子ども支援ネットワーク ゆんたく会」(2020年6月7日)では、ACEから「児童労働とACEの取り組み」について話題提供し、コロナ禍の子どもたちとその家族の状況などについて情報交換、そして児童労働を無くすための意見交換を約4時間にわたって行いました。

詳しくはこちら

2020年3月31日
調査報告書『日本にも存在する児童労働』を発行しました

「日本にも児童労働は存在するのですか?」 これは、児童労働の国際協力を行っている私たちACEがよく聞かれる質問です。そのたびに、「あります」と答えながらも、「しかし、その実態がつかめていないのが現状です」という話をしてきました。「児童労働」に関する国際条約で定められた定義にのっとれば、日本でも児童労働は存在します。

詳しくはこちら

調査報告書『日本にも存在する児童労働』を発行しました

2019年12月21日
「子どもの貧困対策に関する大綱」へパブリックコメントを提出

「子どもの貧困対策に関する大綱~日本の将来を担う子どもたちを誰一人取り残すことがない社会に向けて~」が閣議決定され、内閣府は2019年11月29日に公表しました。これは、2014年8月に閣議決定された「子どもの貧困対策に関する大綱」が5年を目途に見直しを検討することになっており、「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が2019年6月に改正されたことを踏まえて行われました。

詳しくはこちら

「子どもの貧困対策に関する大綱」へパブリックコメントを提出

2019年10月31日
「子どもの貧困と児童労働のつながりを考える地域円卓会議」を那覇市で開催しました

ACEによる沖縄でのイベント第2弾、「子どもの貧困と児童労働のつながりを考える地域円卓会議」を公益財団法人みらいファンド沖縄さんとNPO法人まちなか研究所わくわくさんのご協力をいただき、2019年10月11日に開催しました。

詳しくはこちら

沖縄円卓会議

一覧を見る

ページの先頭へ戻る