ACE[エース]とは

成田 由香子 プロフィール

認定NPO法人ACE(エース)事務局次長/子ども支援事業チーフ インド・プロジェクトマネージャー

福島県出身。宇都宮大学国際学部国際社会学科卒業。インドのタタ社会科学研究所ソーシャルワーク修士課程修了、インドNGOでのフィールドワークを経験。労働組合UIゼンセン同盟(現 UAゼンセン)国際局勤務、在印日本大使館での草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員勤務を経て、2007年5月より現職。インドを中心に児童労働をなくし子どもの権利回復をめざす現地プロジェクトの立案・実施管理を行う他、日本での子どもの権利に関する調査、啓発・政策提言活動やソーシャルビジネスの推進等を行う

【印刷用プロフィール】ACE成田由香子

成田由香子(ACEスタッフ)

経歴・略歴

2000年3月 国立宇都宮大学 国際学部 国際社会学科 卒業
2002年5月 Tata Institute of Social Sciences(タタ社会科学研究所、インド・ムンバイ)ソーシャルワーク(家族・児童福祉専攻)修士課程修了。その間Childline India Foundation、Saathiなど現地NGOでの子ども権利保護に関わるフィールドワークを経験。2001年インド西部グジャラート州大地震での被災地救援活動に参加。国際協力銀行(JBIC)ニューデリー駐在員事務所での短期インターンを経験。
2002年7月
2014年
国際開発学会 会員
2002年10月 トータル・カウンセリング・スクール カウンセラー養成講座初級コース修了
2002年10月
2005年2月
UIゼンセン同盟(全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)国際局 勤務
2003年3月
現在
NPO働く子どもの『遺産と伝説』キャンペーン(OLAL)日本事務局を設立・運営に関わる
2003年4月 第52回 日本労使関係研究協会 東京労働大学講座総合講座課程 修了
2003年10月 第8回 国際労働財団(JILAF) 国際活動家養成コース 修了
2004年 特定非営利活動法人 子ども権利センター(現C-Rights) 運営員
2004年7月 第13回 国際自由労連アジア・太平洋地域組織(ICFTU-APRO)/OTC Institute/国際労働財団(JILAF)上級指導者コース修了
2005年7月
2007年3月
在印日本大使館 草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員として勤務
2007年5月
現在
特定非営利活動法人ACEに勤務
2014年1月 保育士資格取得
2015年4月 SA8000 Basic Course修了

主な著書・執筆

執筆(書籍、出版物、記事)
  • 「国際開発ハンドブック―NGOのフィールドメソッド」友松篤信編著(部分執筆)『ストリートチルドレン支援のネットワーキング』、明石書店、2005年
  • ”Japan Calling”, ‘Eight Japan Aided Grassroots Projects Launched’, Embassy of Japan in India, January, 2006(英文)
  • 「月刊オルタ」特集アジア発子どもたちの社会運動『主体性を恢復する子どもたち』、アジア太平洋資料センター(PARC)、2006年7月
  • 「ふたり★おなじ星のうえで」谷川俊太郎著、(一部執筆協力)、東京書籍、2007年4月
  • 外務省ホームページ「ODAメールマガジン第100号」『インドの草の根活動』、2006年10月
研究
  • 学士論文「インドの初等教育におけるノンフォーマル教育」、2000年
  • 修士研究論文 "Mental Health of Street Children", February, 2002.

講演テーマ

  • コットン産業における児童労働と取り組み
    ワークショップ「このTシャツはどこからくるの?」も可能)
  • ファッションと児童労働、企業と消費者の役割
  • 子どもの人権と児童労働
    (ワークショップ「感じてみよう働く子どもの気持ち」も可能)
  • インドにおける児童労働
  • 児童労働と教育
  • 国際協力NGOによる現地プロジェクトの実施方法と現場
  • 国際協力プロジェクトでのソーシャルワーク、子どもの権利アプローチ 他

 

ACE派遣可能講師一覧

企業や労働組合の社員や組合員を対象に
なぜ児童労働に取り組む必要があるのかレクチャーします。

法人向け講師派遣

ページの先頭へ戻る