活動内容

人材育成・研修 / 講演

研修・ワークショップ/講演を通し、ビジネスと人権に関する社内意識の醸成や人材育成をサポートいたします。

企業内研修

児童労働をはじめとする人権リスクが、ビジネスに与える影響に関する事例などをとりあげながら、ビジネスと人権をめぐる世界の動向をわかりやすく解説します。座学だけではなく、ACEオリジナルのワークショップを通じて当事者意識をもって考える機会も提供します。

経営の観点から人権リスクに配慮することの重要性や社内で必要となる体制構築について解説したり、自社のサプライチェーン上で想定されるリスクの洗い出しや対応のシミュレーションを行うなど、マネジメント向けの研修も行っています。

社員向けには、社会的責任を果たしつつ企業価値の向上を図るための取り組みについて自ら考え、社内で議論を深めたり社外関係者に発信したりできるようになるためのサポートをいたします。その他、CSR、調達、人事等、部署や担当別にアレンジした研修を行うことができます。

最近の事例(2019年1月現在)

企業内研修大手損保会社の社内研修に講師として招かれ、「ビジネスと人権 とSDGs」をテーマにして、講演とワークショップを行いました。

多くの受講者からポジティブな感想と今後の取り組みへの抱負が語られました。

 

公開セミナー/研修

サプライチェーン労働・人権監査(基礎)研修

サプライチェーン労働・人権監査(基礎)研修

ACE/ロイドレジスタージャパン株式会社 共同企画

サプライチェーンのリスク管理が課題となり、多くの企業がサプライヤーに対する調査、確認プロセスを導入すると同時に、逆に顧客企業からも監査や自己診断の要求を受けることが一般的になっています。その一方で、現場での実務経験の蓄積が充分ではないため、人権リスクを把握するための土台となる姿勢、視点や具体的な手順、注意点などの基礎的知識に対するニーズが高まっています。

そうしたなか、ACEは、企業の調達部門やCSRの責任者、担当者を主な対象とした「サプライチェーン労働・人権監査(基礎)研修」を、ロイドレジスタージャパンと共同で企画・運営しています。(2017年9月から開催。)多くの方に受講いただき、「具体的に何を行うべきかを体系的に学べた」「着眼点、留意すべき点などが分かりやすく学べ、すぐに業務に活かせる」など、高い評価を受けています。 

開催の案内やお申し込みは、ロイドレジスタージャパン株式会社のウェブサイトよりご覧ください。

ロイドレジスタージャパン株式会社

 

各種講演

各種シンポジウムへの登壇、個別の企業様の社内での講演等を承っております。

サステナブル・ブランド国際会議 講演

サステナブル・ブランド国際会議での講演の様子サステナブル・ブランド国際会議2018東京のセッションに事務局長の白木朋子が登壇し「環境や人権に配慮した『持続的な調達』とは?」「世界や日本の先進企業はどう人権問題に取り組んでいるか」などのテーマについて語り、ディープサプライチェーンに存在する児童労働について説明しました。

詳しくはこちら

 

主な研修/講演実績 

江崎グリコ株式会社 MS&ADホールディングス 花王株式会社 サステナブルブランド 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 全日本空輸株式会社 株式会社リコー 東日本旅客鉄道株式会社 株式会社日立製作所 富士通デザイン株式会社 ミニストップ株式会社 株式会社ルミネ ほか  *順不同; 社名は実施当時のもの

詳しくはこちら

 

法人向け講師派遣にかかる費用

講師料(+消費税)」と「交通費」のご負担をお願いします。

講師料は時間や対象人数、ご予算に応じて調整させていただきます。まずはご相談ください。
交通費は原則、実費のご負担をお願いしています。遠方でご負担が難しい場合でもまずはご相談ください。

講師料の目安

■ 講演/研修

講演/研修 100,000円(+消費税)~

(2019年8月1日改定)
※講師料の受取人は、講師本人(個人)ではなく、当団体(法人)とさせていただきます。

講師派遣・企業研修の申込方法

講師派遣・出前授業のご依頼は「講師派遣申込フォーム」をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールでお申込みください。講師・日程を調整の上、折り返しご連絡させていただきます。内容や予算はご相談に応じますので、まずはお電話(03-3835-7555)でご連絡ください。

申込書をダウンロードの上、FAX(03-3835-7601)か
メール(partnership % acejapan.org)でお申込みください。

申込フォーム ダウンロード

(※ % を @ に変えて送ってください)

講師紹介

ACE代表 岩附由香

岩附 由香(代表)

14~16歳まで米国ボストンで過ごし、桐朋女子高等学校卒業。上智大学在学中、米国留学から帰国途中に寄ったメキシコで物乞いする子どもに出会い、児童労働と教育を研究テーマに大阪大学大学院へ進学、国際公共政策修士号取得。在学中にカイラシュ・サティヤルティ氏(2014年ノーベル平和賞受賞)の呼びかけた「児童労働に反対するグローバルマーチ」をきっかけにACEを発足させる。その後、NGO、企業、国際機関への勤務やフリー通訳を経て、2007年よりACEの活動に専念。2017年アルゼンチンでの第4回児童労働世界会議では発表を行うなど、国内外のアドボカシー活動に力を入れている。夫と2人の娘の4人暮らし。

詳しくはこちら

【講演テーマ例】

SDGs時代の今、企業に求められること~ビジネスとサステナビリティ、人権
・サプライチェーンに存在する人権問題
・企業との協働事例
団体設立や組織運営、資金調達などNGO活動全般

白木朋子

白木 朋子(事務局長)

1974年宮城県仙台市生まれ。宮城学院高等学校、明治学院大学国際学部卒業。英国ロンドン大学東洋アフリカ大学院国際教養ディプロマ課程(開発学、比較文化学専攻)、英国サセックス大学・文化環境開発研究所(CDE) 開発人類学修士課程修了。代表の岩附とともに大学在籍中にACEを創業。開発援助コンサルティング会社での勤務を経て2005年4月より現職。ガーナ・カカオ生産地での事業立案、企業との連携、企業向けの研修コンサルティングなどを担当。消費者教育、エシカル消費の普及にも携わる。労働・人権分野の国際規格「SA8000」社会監査人コース修了。准認定ファンドレイザー。

詳しくはこちら

【講演テーマ例】

SDGs時代の今、企業に求められること~ビジネスとサステナビリティ、人権
・サプライチェーンに存在する人権問題
・企業とNGOの連携

・ガーナのカカオ生産地域の児童労働と支援活動について

成田由香子(ACEスタッフ)

成田 由香子(事務局次長 / 子ども支援事業チーフ / インド・プロジェクト マネージャー)

福島県出身。宇都宮大学国際学部国際社会学科卒業。インドのタタ社会科学研究所ソーシャルワーク修士課程修了、インドNGOでのフィールドワークを経験。労働組合UIゼンセン同盟(現 UAゼンセン)国際局勤務、在印日本大使館での草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員勤務を経て、2007年5月より現職。

詳しくはこちら

【講演テーマ例】

・コットン産業における児童労働と取り組み
・ファッションと児童労働、企業と消費者の役割
・子どもの人権と児童労働
・国際協力NGOによる現地プロジェクトの実施方法と現場

用語解説

【参考】SA8000について
SA8000とは、SAI(Social Accountability International)が認証する企業の労働・人権などの社会的側面に関する国際規格で、CSR調達を実施する一つの基準となります。CSRに取り組む日本企業が年々増加している中、労働・人権分野への取り組み事例はまだ限られており、SA8000の取得も日本にある事業所では2社のみです。(2019年1月現在)

ページの先頭へ戻る