児童労働のない未来へ-NPO 法人ACE代表 岩附由香のブログ

児童労働

2016年6月10日

今必要なのは、世界的な児童労働に関する世論喚起かもしれない

 

6月12日は児童労働反対世界デー。

実はこの日は、1999年に国際労働機関(ILO)で「最悪の形態の児童労働条約」という新しい児童労働の条約が出来た日なんです。

この条約が出来たことで、児童労働に関する政府の態度が一気に変わり、「隠す」のではなく「あることを認めて、取り組む」ようになりました。

そこまで持っていったのは、5月に来日したカイラシュさんがリードをとって「児童労働

に反対するグローバルマーチ」が98年に世界100か国以上でマーチを行い、世論を喚起し、

多くの人の心と行動を動かしたことが大きかったと思います。

この6か月間のマーチの終着点が、条約を議論しているILOの本部ジュネーブ

でした。私も実際にそこで、条約をどのようなものにするべきかの議論を聞く機会に

恵まれ、また次の年に実際に条約が加盟国の満場一致で採択されると、一気にその条約

を守りますと各国の批准が広がっていき、世界的な関心の高まりがあったことが思い

返されます。

1998年、児童労働に反対するグローバルマーチはNGOとして初めて国際労働機関(ILO)の中に迎えられた

1998年、児童労働に反対するグローバルマーチはNGOとして初めて国際労働機関(ILO)の中に迎えられた

 

いま、児童労働問題の解決に必要なことのひとつは、そのような「世界的な関心の高まり」

ではないかと、私は思います。

 

End all forms of child labour by 2025(2025年までにすべての児童労働を終わらせる)

 

この文言が、国連「持続可能な開発目標」に入り、世界共通のゴールとなりました。

 

しかしそれを達成するための世論、意識の盛り上がりが欠けているのが現状です。

だから、6月12日の児童労働反対世界デーは、一人でも多くの人が、世界1億6800万人の

児童労働者のことを考える日にしたい。

その解決のために、少しでも動いてくれる人が、1人でも増えたらいい。

そんな想いで、クラウドファンディングを立ち上げました。

http://japangiving.jp/p/4280

 

 クラウドファンディングとは、インターネット上で寄付をつのる方法で、

 今回は目標額300万円と設定しています。

 みなさまがジャパンギビングのサイトに登録し、クレジットカードで決済を

 していただくのですが、そのよういご寄付を申し出てくださった方の合計額

 が630日までに300万円を超えない限り、クレジット決済はなされず、

 ACEに寄付も1銭も入って来ない、という100か0かの仕組みです。

 

 この寄付に「ギフト」と呼ばれる特典を付けているのですが、今回

 3000円~50万円の「ギフト」を用意しています。寄付をすると、このギフトを

 受け取ることができますが、これも、6月30日の時点でご寄付をしてもいいという

 方々の金額が300万円を超えていないと、発生しません。

 6月10日の毎日新聞朝刊の「ひと」欄に、カイラシュ・サティヤルティさんがとりあげら

 れ、ACE代表として私もご紹介いただきました。

 もしそれを見てACEのウェブサイトに来てくださった方がいたら、6月末までのこのクラウ

 ドファンディングにぜひご協力いただけましたら幸いです。

 この問題の解決にはまだまだ時間がかかります。

 ACEの活動を継続的にご支援いただいてもいい、と考えてくださった方は、ぜひ、

 マンスリーサポーターになっていただけたら、ありがたいです。

 詳しくは、http://acejapan.org/sonoko をご覧ください。

 私たちが、インド・ガーナでどのように子どもたちの生活を変えてきたのか。

 児童労働とはどういう状態で働いていたのか。これまで支援してきた子どもたちのストー

 リーもウェブページに掲載しています。こちらもぜひ、ご覧ください。

 ぜひご協力を、よろしくお願いします。

 岩附由香

ページの先頭へ戻る