児童労働とは

電子資料「児童労働白書2020 ―ビジネスと児童労働―」

児童労働白書2020 ―ビジネスと児童労働―ACEは、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社および株式会社オウルズコンサルティンググループとともに、児童労働の現状と企業に求められる対応をまとめた「児童労働白書2020 ―ビジネスと児童労働―」を2020年12月10日に発行しました。

世界の最新レポートや公開情報の調査・分析をもとに、児童労働の現状や企業のリスク、政府や企業の対応事例等について包括的かつ体系的にまとめています。無料でダウンロードいただけますので、企業経営者やCSR・購買部門等の実務担当者に加え、政府、NPO・NGO、学術機関など、幅広い方々に活用いただき、取り組みを推進していただければと思います。

発行日:2020年12月10日
価 格:無料
著 者:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、株式会社オウルズコンサルティンググループ、認定NPO法人ACE

「児童労働白書2020 ―ビジネスと児童労働―」は無料で閲覧・ダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら

 

目次

はじめに

第1章 国際的な児童労働の実態

児童労働白書P10より

児童労働白書 P10より

 第1節 児童労働の概観
  1) 児童労働の定義と背景
  2) 児童労働の発生地域と形態
 第2節 産品別の児童労働の実態
  1) コーヒー
  2) カカオ
  3) 砂糖
  4) パーム油
  5) 魚介類
  6) タバコ
  7) コットン
  8) 金
  9) コバルト
 第3節 先進国における児童労働
  1) 先進国における児童労働の特徴
  2) 欧米および日本における児童労働
 第4節 新型コロナウイルス感染拡大の児童労働への影響

児童労働白書 P43より

児童労働白書 P43より

第2章 児童労働撤廃に向けた取り組み

 第1節 国際機関による取り組み
  1) 国際機関による取り組みの全体像
  2) 国際機関による取り組みの事例
 第2節 各国政府による取り組み
  1) 先進国政府による取り組み
  2) 途上国政府による取り組み
 第3節 NPO・NGOなどによる取り組み
  1) NPO・NGOなどによる取り組みの類型
  2) NPO・NGOなどによる取り組みの事例

第3章 ビジネスと児童労働

 第1節 ビジネスと人権に関する議論の潮流

児童労働白書 P69より

児童労働白書 P69より

 第2節 児童労働によるビジネスへの負の影響
  1) 児童労働によるビジネスへの負の影響の類型
  2) 児童労働によるビジネスへの負の影響の事例
 第3節 企業による児童労働撤廃への取り組み
  1) 企業による児童労働撤廃への取り組みの類型
  2) 企業による児童労働撤廃への取り組みの事例
 第4節 ビジネスと児童労働に関する課題と展望

Appendix
i. 近年の世界の児童労働関連 調査・レポート一覧
ii. 児童労働撤廃に取り組むNPO・NGO一覧(国内)
iii. 児童労働撤廃に取り組むNPO・NGO一覧(海外)

 

児童労働白書発行によせて

Ms Iwatsuki_photo認定NPO法人ACE代表 岩附由香

「サプライチェーンを辿ればあるかもしれないが、自社の責任ではない」
ACE設立から数年後に児童労働について企業の方と意見交換したとき、こんなことを言われました。 あれから20年、いまやサプライチェーンの児童労働は企業にとってサステナビリティ、リスク、人権の3つの意味で大きな課題となっています。グローバル社会で生き、日々たくさんものモノを消費する私たちは誰もが児童労働とは無関係ではいられません。
この社会課題にフォーカスし、世界の潮流を日本語でわかりやすくまとめたのが本書です。
特にコロナ禍で児童労働増加が懸念される中、本書が何が出来るか・すべきかを考えるきかっけになり、SDG8.7の2025年までの児童労働撤廃に向け、課題解決に向けて積極的に動く日本企業が増えることを願っています。

 

ウェビナーを開催しました

当白書に関してオンラインでの説明会を2020年12月17日に開催し、企業、メディア、研究など様々な業界より多数の方にご参加いただきました。

ウェビナーについて詳しくはこちら

「児童労働のないビジネスづくり」や
「ACEとの協働」を検討中の方はコチラまで。

協働に関するお問い合わせ

ページの先頭へ戻る