インフォメーション

児童労働について

Q.児童労働とは何ですか?

児童労働とは、義務教育を妨げる労働や法律で禁止されている18歳未満の危険・有害な労働のことを指します。

【注意】「子どもが働くこと」すべてを児童労働と呼ぶわけではありません。

以下の4つのどれか一つでも当てはまるような労働が「児童労働」です。

  • 子どもの教育を妨げるような労働
  • 子どもの健康的な発達を妨げる労働
  • 子どもの心身に有害危険な労働
  • 子どもを搾取する行為(強制的、自由を奪うなど)

上記4つの項目に当てはまらなず、子どもの成長の度合いに見合い健全な成長を助けるもの、例えば学校へ通いながら家でお手伝いしたり、アルバイトをすることなどは「子どもの仕事(Child work)」と呼び、児童労働と区別しています。

児童労働は「国連の子どもの権利条約」や国際労働機関(ILO)の条約(138、182号)で禁止されています。これらの条約は、先進国・開発途上国を問わず、世界中の多くの国が批准し、国として守ることを約束しています。

詳しくは「児童労働入門講座」をご覧ください

Q.児童労働をなくすためにはどんな取り組みが必要ですか?

危険な児童労働から子どもを保護する活動と、児童労働が起きないように予防する活動の両方が必要です。ACEはインドとガーナで3つのプロジェクト(子どもを支援する活動)を行っています。いずれも危険な児童労働に従事している子どもを保護し、学校に通えるように支援しています。

【参考】子ども支援

子どもを危険な労働から守るため、村人たちに教育の重要性や児童労働の危険性を伝える啓発活動や、住民のグループを作り児童労働を予防するための見回り活動を行っています。また、子どもの声を聞き、学校や村全体の問題を改善していくための仕組みづくりや、子どもを働かせている家庭の生計向上のための職業訓練や自立のサポートなども行っています。

児童労働の解決には、現地での直接的な支援活動だけではなく、児童労働を生み出している根本原因にも目を向ける必要があります。日本でも、企業が児童労働をなくしたり予防するための努力をする、消費者がそういう企業の商品を選ぶなど、わたしたちの行動を変えることも大切です。

Q.もっと児童労働について知るにはどうすればいいですか?

児童労働について詳しく知るには、本やインターネット、映像などで児童労働について調べてみてください。ACEが執筆した中学生からでも読める児童労働問題の入門書『わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。』がオススメです。

他にも、ACEが月2回発行しているメールマガジンを読んだり、イベントに参加することで児童労働について詳しく知ることができます。

児童労働の入門書『わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。』
ACE児童労働メルマガ登録(月2回のペースで配信中)
本・映像・教材

Q.児童労働をなくすため、どんなことができますか?

「児童労働」はとても大きな問題です。児童労働問題の解決には、私たち一人ひとりの力をあわせなければなりません。ぜひ「私たちにできること」のページから、みなさんにあった”できること=アクション”を探してみてください。学校や会社でできること、お店や会社で、会員やサポーターとしてできることなど、さまざまアクションがあります。

例えば、私たちにできることの例
  1. 寄付つき商品を買って社会貢献
  2. 学校や職場、お店に募金箱を置いて寄付を集める
  3. ACEの活動を応援する(会員になる)
  4. 毎月継続的に寄付をする(マンスリーサポーターになる)
  5. 気になる活動に寄付をする
  6. ボランティアに登録して、イベントや事務所作業に参加する
  7. メールマガジンに登録する
  8. イベントに参加する など

Q.児童労働をやめさせたら家族の生活は成り立たないのでは?

子どもが働くことで家族の生活を支えていると思われがちですが、大人に十分な収入がなく、その仕事を支えるための労働力として使われていることが多いのが現状です。親に家族を支えられるだけの収入があれば、子どもたちは働かなくてすみます。児童労働をなくすためには、家族が暮らしていけるだけの収入を向上させるための支援が必要なのです。

ACEが支援している地域では、親に十分な収入がないため多くの子どもたちが学校へ行けず、家の仕事を手伝っています。地域に元々ある仕組みを活用したり、子どもを学校へ通わせるためにおとなが協力しあうことで、各家庭の生活が安定し、子どもを学校へ通わせることができるようになります。

親やおとなの意識を変わり、ほんの少し努力するだけで、子どもたちを危険な労働から守り、教育を与えられる可能性が大いにあります。

Q.伝統的な慣習がある地域では先進文化の押し付けになるのでは?

伝統的な慣習によって、子どもたちが働き学校へ通えていない場合も、子どもにとって過酷な労働によって学びたいという気持ちや心身の健康的な発達を妨げられていることは事実です。

学校に通ったことがなかった両親も、子どもが笑顔で学校へ通う姿を見ることで教育の重要性を実感し、子どもたちが学校へ通えるようにどうすればよいかを考えるようになってくれることが多々あります。

文化の否定や押し付けと考えるのではなく、子どももおとなも笑顔で暮らせるためには何が必要なのか、どうすればよいのかを一緒に考え、実感してもらうことが大切だと考えています。

 

ACEのことをもっと知りたい方は、お問い合わせフォームから資料をご請求ください!

資料請求をする

ページの先頭へ戻る