コットンのやさしい気持ち

インドのパートナーNGO「SPEED」

正式名称 SPEED(Society for People’s Economic & Educational Development)
活動地 アンドラ・プラデシュ州マハブブナガル県
 マルダカル地区(Maldakal)
 ガドワル地区(Gadwal)
 アイジャ地区(Ieeja)
 ガットゥ地区(Gattu)
パートナー開始 2010年~

SPEEDの目的や活動内容

SPEEDは、住民の社会的経済的発展や人権保護を目的として1997年に設立されました。インド南部のアンドラ・プラデシュ州の中でも貧困層が多く、教育水準が低い農村地域マハブブナガール県の4つの地区で活動しています。

ACEはSPEEDとパートナーシップを結び、インドのコットン生産地域で働く子どもたちを危険な労働から守り教育を支援する「ピース・インド プロジェクト」を行っています。

これまでに、女性の自助グループ支援、成人識字教育、保健衛生、農民の農業技術訓練による収入向上支援、性産業で働く女性の自立支援、児童労働の予防と撤廃、子どもの就学支援などの分野で活動をしてきました。

SPEEDの特徴的な活動

児童労働に対する取り組みとして、1999年から2007年まで国際労働機関(ILO)の支援を得てインド政府が行った「国家児童労働政策(NCLP)」のもとで、児童労働をしていた子どもの救出とリハビリ、教育支援を行う施設デイケアセンターを運営してきました。

2002年からは州政府の支援を得て、児童労働をしていた子どものための寄宿制ブリッジコース(ノンフォーマル教育施設)を運営するなど、これまでに約1300人の子どもの公立学校や寄宿制施設への就学・入居支援をしました。

その他、児童労働がある地域での住民、親、農民、雇用者への啓発活動、文化活動などを通して児童労働の予防撤廃のための活動を行っています。

スタッフ紹介

ラヴィ・プラカーシュ

ラヴィ・プラカーシュ
(代表)

R.V.クリシュヌドゥ

R.V.クリシュヌドゥ
(プロジェクト・コーディネーター)

コミュニティ・オーガナイザー

エーランマ
(コミュニティ・オーガナイザー)

マノハール

マノハール
(会計担当)

ヴィレーシュ

ヴィレーシュ
(ブリッジスクールの教員)

ラムル(ブリッジスクールの教員)

ラムル
(ブリッジスクールの教員)

ゴインナンマ

ゴインナンマ
(ブリッジスクールの運営スタッフ)

チトランマ

チトランマ
(ブリッジスクールの運営スタッフ)

エステランマ

エステランマ
(職業訓練センター・インストラクター)

 

ACEとSPEEDとの協働実施プロジェクト

ACEは2010年からSPEEDとのパートナーシップを開始し、インドのコットン生産地域で、児童労働から子どもを守り、教育を支援する「ピース・インド プロジェクト」を実施しています。

 

SPEEDとピース・インド プロジェクトの応援をお願いします

ACEは、SPEEDと協力して、インドのコットン生産地域で児童労働をなくし、村人たちが持続的に、かつ自発的に「子どもにやさしい村」づくりに取り組む環境作りを行なっています。インドのコットン畑では、まだたくさんの子どもたちが働いており教育の機会を得ることができていません。より多くの子どもたちを支援し、活動を継続させていくためにも、みなさんのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

コットン募金の申込はこちら

インドのコットン生産地域の子どもたちを支援「コットン募金」

インドのコットン生産地域の子どもたちを支援する「コットン募金」にご協力お願いします!「ピース・インド プロジェクト」を通じて、子どもたちを危険な労働から守るための活動に活用させていただきます。インターネット上でクレジットカードを使っていますぐ寄付ができます。

詳しくはこちら

ACEオリジナルオーガニックコットンのタオルハンカチ

売上が寄付に「オーガニックコットン タオルハンカチ」

ACEが販売している「オーガニックコットンのタオルハンカチ」の売上700円のうち、100円分が「コットン募金」となっています。

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る