コットンのやさしい気持ち

ACE×Kowa×SOU フェアトレード・コットン・ワークショップ&トーク

このイベントは終了しました

開催日 2015.01.25
開催場所 SMBCパーク栄 (名古屋市中区錦3−25 -20)

2015年1月25日(土)13:00~ SMBCパーク栄にて

コットンのやさしい気持ちプロジェクト
〜児童労働のないオーガニック・コットンへの挑戦!〜
日時 2015年1月25日(日)13:00~16:00
会場 SMBCパーク栄 (名古屋市中区錦3−25 -20
地下鉄「栄」駅 9 番出口すぐ」名古屋栄三越北側
会場へのアクセス
会費 参加無料
参加申込&問合せ メール、またはお電話&FAXでご連絡ください。
e-mail staff.ftnn@gmail.com (フェアトレード名古屋ネットワーク事務局)
tel&fax (052)972-7350(エシカル・ペネロープ TV TOWER)

 

インドでは、38万人の子どもたちがコットン畑で児童労働をしていると報告されています。NPO法人ACEでは2010年よりインド南部のコットン生産地で児童労働の撤廃を目指したピース・インド プロジェクトを開始しました。これまで4年間で204人の子どもたちを危険な労働から守り、就学をさせることができました。

このピース・インド プロジェクトを担当する成田由香子と、世界で一番品質が良く信頼の高いタオル作りに挑戦した興和株式会社の稲垣貢哉さんから、フェアトレードのオーガニック・コットン商品開発ストーリーをお聞きします。日本発である世界基準のオーガニックコットン認証を取得しブランド展開するまでに、どんな苦労があったのでしょうか。

そこで見えてきた現実を踏まえた参加型ワークショップを開催。インドの畑から日本に製品が届くまでのサプライチェーンに関わる人たちのロールプレイを通じ、日本とインドの見えないつながりや、影響を体験してみましょう。

プログラム

13:00~ 参加型コットン・ワー クショップ
「このTシャツはどこからくるの?」
~ファッションの裏側にある児童労働の真実~
14:00~ 休憩10分
14:10~ ACE成田由香子によるお話
「児童労働のない社会を築くために」
~ピース・インド プロジェクト報告~
14:45~ 興和・稲垣貢哉さんによるお話
「やっぱり“わた”が好き!」
~興和のオーガニック・コットンへの挑戦~
15:15~ 惣sou編集部による「優しさ紡ぐトークセッション」
コーディネーター:北奥順子(フェアビーンズなごや地球ひろば店店長)
パネリスト:鈴木淳子、長坂実紀、矢口亜紗美 
       フェアトレード名古屋フリーペーパー「惣sou」編集部
総合司会:原田さとみ(FTNN代表)

 

主催:フェアトレード名古屋ネットワークFTNN
共催:認定NPO法人ACE(エース)
協賛:興和株式会社
後援:愛知県/名古屋市(申請中)/ナゴヤファッション協会JICA中部

 

コットンのやさしい気持ちプロジェクト  〜児童労働のないオーガニック・コットンへの挑戦!〜

認定NPO法人ACE(エース)とは。

世界中のすべての子どもが権利を守られ、希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、1997年に学生有志が設立した国際協力NGO。インドのコットン生産地、ガーナのカカオ生産地で子どもを危険な労働から守るため、教育支援や農家の収入向上に取り組むプロジェクトを実施。第1回日経ソーシャルイニシアチブ大賞ファイナリスト(2013年、2014年)、平成23年度社会貢献支援財団「社会貢献者表彰」受賞。

テネリータとは。

人にも環境にもやさしいブランドであることを目指し、ものづくりのすべての工程において、人や環境に負担をかけないことにこだわり抜いてつくられた世界最高品質のタオルを作っている。興和株式会社のオーガニック・ブランド。

フェアトレードとは。

人と地球が共に生きるため貧困に苦しむ人たちの生活を改善する貿易のしくみ。 「安定した取引」「安全な労働環境」「環境に負荷をかけない農法」などを大切にし、作る人・買う人の幸せにつながるのが、フェアトレード産品です。

フェアトレード名古屋ネットワークFTNNとは。

名古屋でフェアトレード推進活動を行っている市民が中心となって発足した団体。世界中の人々が安心・安全に暮らせるよう、地域と世界がつながり、地球規模での持続可能な社会を、地域から作り上げていきたいとの思いで、名古屋の街をフェアトレードタウンにしようと活動しています。

「惣Sou」とは。

FTNNから年2回発行している中部圏のフェアトレード情報フリーペーパー。

 

登壇者紹介

成田 由香子

認定NPO法人ACE(エース)子ども支援事業チーフ、インド・プロジェクトマネージャー。インドのタタ社会科学研究所ソーシャルワーク児童・家庭福祉専攻修士課程修了。労働組合UIゼンセン同盟(現 UAゼンセン)国際局で、また在印日本大使館でのODA業務の勤務を通して、政府やNGOによる児童労働を含む社会開発・福祉分野等の業務に関わる。2007年5月より現職。

稲垣 貢哉さん

興和 品質管理課/Textile Exchange 理事。1987年興和株式会社入社。08年よりTextile Exchange理事も務める。国内外でオーガ ニックコットンをはじめ環境配慮型繊維製品の普及啓発に努めている。

 

イベント参加申込&問合せ

メール、またはお電話&FAXでご連絡ください。
e-mail staff.ftnn@gmail.com (フェアトレード名古屋ネットワーク事務局)
tel&fax (052)972-7350(エシカル・ペネロープ TV TOWER)

ページの先頭へ戻る