児童労働とは

持続可能な開発目標(SDGs)とACEの取組み

世界の新しい目標「持続可能な開発目標(SDGs)」

2015年9月25日、ニューヨーク国連本部において、「持続可能な開発に関するサミット」が開催され、「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」が採択されました。

17の目標と169のターゲットからなるSDGsは、”地球上の誰ひとり取り残さない(leave no one behind)” ことを誓っています。貧困、不平等・格差、気候変動のない持続可能な世界の実現を目指して、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサルな目標です。2016年から2030年までの15年間、世界中の国々はこの「持続可能な開発目標」の達成に向けて取り組んでいくことになります。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)

SDGs

 

ACEとSDGs

ACEが取り組んでいる児童労働問題も、目標8のターゲット7として、記載されています。2025年までにすべての形態の児童労働を撤廃すると明確に目標が立てられました。また、強制労働、人身売買、現代的奴隷制度についても、撤廃を目指しているのがこのSDG8.7です。

ACEもこの取り組みに賛同し、2025年までに児童労働をなくすことを目標に活動しています。

Screen Shot 2017-09-13 at 3.02.01 PM

「児童労働のないビジネスづくり」や
「ACEとの協働」を検討中の方はコチラまで。

協働に関するお問い合わせ

ページの先頭へ戻る