【セミナー】日本にもある児童労働 ~ SDG 8.7達成に向けてアクションを!

【セミナー】日本にもある児童労働 ~ SDG 8.7達成に向けてアクションを!

このイベントは終了しました

開催日 2018.06.18
開催場所 参議院議員会館 B109 (東京都千代田区永田町2丁目1−1)

昨年12月、茨城県で15歳の少女が工場で転落死する事故がありました。この労働状況は、労働基準法違反で、日本が批准しているILO第182号条約で禁止されている「最悪の形態の児童労働」にあたります。この件についてACEは緊急声明を発表し、3月には厚生労働委員会における質問で取り上げられました。

国際労働機関(2017年)は、児童労働者数は世界の子どもの10人に1人に当たる1億5200万人で、そのうち7300万人が危険有害な労働に従事しており、さらに高所得国にも約200万人の児童労働者がいると発表しています。

国連が2015年に採択した持続可能な開発目標の目標8、ターゲット7の中に「2025年までのあらゆる形態の児童労働の撤廃」が設定されています。この目標を達成するためには、開発途上国だけでなく日本も取り組まなければなりません。

その日本では、児童労働の主な要因である貧困が深刻化しています。7人に1人の子どもが貧困状態にあるなか、学費や生活費のために働いている子どもや働きたいと思っている子どもが増えていくのではないかと思われます。

そこで、このセミナーでは、ACEが実施中の日本における児童労働調査の中間報告と、ゲストスピーカから児童労働の事例についてお話しいただきます。児童労働の存在や児童労働による影響についてお伝えし、日本から児童労働を無くすアクションについて、国会議員の方々と共に議論する場ともしたいと考えています。

みなさま、お誘い合わせのうえ、下記よりお申し込みください。お待ちしています!

 

開催概要

 

日時2018年6月18日 15時~17時(開場14時40分)
会場

参議院議員会館 B109
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1

東京メトロ 有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」1番出口よりすぐ
東京メトロ 丸の内線、千代田線「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩5分

※セミナー会場へは入館証が必要です。参議院議員会館1階から入られて、入口に立っているACEスタッフからお受け取りください。

参加費無料
定員50名
主催認定NPO法人ACE(エース)
後援ILO活動推進議員連盟
申込み

以下の「参加申込フォーム」よりお申し込みください。
http://acejapan.org/form20180618

※申込み期限が過ぎたため、申込み後、別途担当者から受付可能かご連絡させていただきます。

(申込期限:6月15日まで。満席になり次第締め切ります)

お問い合わせ〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F 
TEL:03-3835-7555 FAX:03-3835-7601
E-MAIL: advocacy%acejapan.org (%を@に変えて送ってください)

申込フォームへ

 

セミナー内容

◇ 日本の児童労働の状況調査について中間報告 ACE

◇ 働く子どもたちの背景と直面している課題

・ビデオメッセージ
「沖縄の未成年の女性たちの働く場所—ふたつの調査から」 
   琉球大学 教授 上間 陽子氏


・「商業的性的搾取に組み込まれる子どもたち」
   ライトハウス 坂本 新氏


・「高校生のブラックバイト」
   首都圏青年ユニオン 原田 仁希氏

◇ SDG8.7達成に向けての提言 ACE

◇ 参加者の方々からの質疑応答、コメントなど


お申込・お問合せ

認定NPO法人ACE(エース)
TEL:03-3835-7555
Email: advocacy%acejapan.org (%を@に変えて送ってください)

 

ページの先頭へ戻る