コットンのやさしい気持ち

「消費者教育教材資料表彰」優秀賞教材で学ぶ 消費者教育授業パワーアップ講座~このTシャツはどこからくるの?

このイベントは終了しました

開催日 2015.07.31
開催場所 BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島2-1-3)

【開催報告】夏休みの先生向け「消費者教育授業パワーアップ講座」を開催

消費者教育授業パワーアップ講座~このTシャツはどこからくるの?

「消費者教育教材資料表彰」優秀賞教材で学ぶ
消費者教育授業パワーアップ講座~このTシャツはどこからくるの?

ACE(エース)は、世界の子どもを児童労働から守るために活動している国際協力NGOです。日本の子どもたちに環境問題や児童労働、フェアトレードに関心をもってもらうため、講師派遣や教材販売を行っています。

今回、平成26年度「消費者教育教材資料表彰」の優秀賞を受賞した教材「このTシャツはどこからくるの?」を使って、私たちが着ているTシャツはどのようにつくられているのかを知り、生産地の環境問題や児童労働問題をテーマにした授業の行い方を学ぶ教員向けセミナーを開催します。

生活に身近なモノから世界とのつながりを体感し、消費者教育の授業をしてみたい!という方、ぜひご参加ください!子どもたちの関心を世界へ向けるきっかけにしていただけましたら幸いです。

日時 2015年7月31日(金)10:00~17:00(9:45~受付開始)
会場 BumB東京スポーツ文化館 1階マルチホール 
(東京都江東区夢の島2-1-3)
東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線「新木場駅」から徒歩13分
定員 30名(先着順)
参加費 3,000円
主催 認定NPO法人ACE(エース)

 

プログラム(予定)

 1.ワークショップ「このTシャツはどこからくるの?」体験
   主な対象:中学生(小学校高学年や高校生も可)
 
 2.児童労働が行われている現地の解説、ACEの取り組み紹介
  ・コットン生産地の児童労働の現状
  ・支援の成果(ACEが支援した子どもたちのエピソードを紹介)

 3.ファシリテーションを行う際のポイント
  ・ファシリテーターの心構え
  ・児童・生徒の巻き込み方
  ・実践授業の実例紹介

消費者教育授業パワーアップ講座 講師紹介

召田安宏(めすだ やすひろ)ACE アドボカシー事業チーフ/広報担当

拓殖大学 国際開発学部卒。2008年1月にACEへ入職。ワークショップ教材の開発や実践、団体の広報活動全般を担当。身近なモノから世界の児童労働の現状を知り、問題解決に向けたアクションを促すACEオリジナル教材を使ったワークショップを、学校や企業、労働組合、消費者団体などを対象に約80回、3000人以上に実施。ACE設立15周年記念映画『バレンタイン一揆』の製作・配給も担当。

田柳優子(たやなぎ ゆうこ)ACE スタッフ

立教大学 観光学部卒。在学中にインドで子どもを保護する現地NGOでのインターンシップを経験し、ACEのインド・スタディツアーにも参加。バックパッカ―として世界を旅をする中で、様々な環境で生きる子どもたちと出会い「なんとかしたい」という想いを抱く。卒業後は旅行会社に就職。法人向け旅行の営業、企画、添乗を担当。2015年2月よりACEに入職。インドの支援プロジェクトや資金調達を担当。

教材「このTシャツはどこからくるの?」について

日本の子ども、消費者、企業等が、生活に身近なコットン製品を通じて「インドのコットン生産現場の児童労働」について考え、問題解決に向けた行動を起こすきっかけづくりを目的としたワークショップ教材です。本教材は平成26年度「消費者教育教材資料表彰」優秀賞を受賞しました。

ワークショップ教材「このTシャツはどこからくるの?」セット内容

「消費者教育教材資料表彰」平成26年度優秀賞

 

このイベントは終了しました

【開催報告】夏休みの先生向け「消費者教育授業パワーアップ講座」を開催

ページの先頭へ戻る