コットンのやさしい気持ち

「コットンのやさしい気持ち」プロジェクト 特設サイト公開

Pocket
LINEで送る

世界最大のコットン耕地面積を誇るインド。コットン畑では、40万人以上の子どもたちが働いています。その7~8割が女の子であることがACEの現地調査でわかりました。

調査結果を受け、問題をより多くの人に知ってもらい、ソーシャルな消費を通じて、現地で児童労働をなくすための支援を行う「コットンのやさしい気持ち」プロジェクトを立ち上げました。

「コットンがつくる、地球と子どもにやさしい未来へ。」

「コットンのやさしい気持ち」プロジェクトとは、地球にも子どもにもやさしいオーガニックコットンを買うことを通じて、インドのコットン産業における児童労働をなくすためのプロジェクトです。

2009年6月12日から販売を開始した「コットンボールOCタオルハンカチ」1枚700円のうち、100円を寄付としてインドのコットン畑で働く女の子たちを危険な労働から守るための活動に使わせていただきます。

「コットンのやさしい気持ち」プロジェクト

コットンボールOCタオルハンカチ

 

  • Pocket
    LINEで送る

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2009.07.22

ページの先頭へ戻る