東日本大震災に対する海外からのメッセージ

東日本大震災に対する海外からのメッセージ

Pocket

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々へ、 ACEと協力関係にある海外の団体から届いたお見舞いや応援のメッセージをご紹介します。

日本のみなさんと共にいます(インド)

グローバル・マーチ代表自然災害はどんなものであっても耐えがたく、被災された方々にとってはまさに悲劇です。今回のように大規模な災害が、国家の中心を直撃すれば、多くの人々が被害を受けてしまいます。

海外へ支援の手を積極的に差し伸べてきた日本にとって、今回の震災による長期的な影響は計り知れません。今、世界各国が日本と一体となって、帰る家を失った人々、そして家族や友人など愛する人々を失った人々へ、あらゆる人道的支援・援助を提供することが不可欠です。

多くの人々が私たちのサポートを必要としている今、日本、そして日本国民が一日も早くこの大惨事から脱却できるように、私たちは復興支援へ積極的に協力しなければならないと考えています。

グローバルマーチ 代表
カイラシュ・サティヤルティ

みなさんに神のご加護がありますように(インド)

インドのパートナーNGOのSPEED代表今回の地震と津波に私とスタッフ一同、そしてインド国民も大変ショックを受けております。

そして、新聞や電子メディアでは福島の原子炉で問題が起こっているとも報道されています。多くの方々が行方不明になり、多数の村や町が破壊されたことも伺っております。

ACEの皆さま、そして日本の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。
日本の皆さまに神のご加護がありますように。

SPEED 代表
ラヴィ・プラカーシュ

 

日本のみなさんが復興する勇気と強さを信じています(インド)

気持ちを落とさないで

我々、M.V.ファウンデーションは、今回の地震とその後の激しい津波によって大規模な破壊と多くの命が奪われたことを大変悲しんでおります。特に福島の原子炉から漏れ出しているという放射能の長期的な影響について大変心配しています。日本の皆様が、この災害から一日も早く完全に復興する勇気と強さを持っていると信じてお祈り申し上げます。

ACEスタッフの皆さま、そして日本の皆さまへ心からのお悔やみを申し上げます。

MVファウンデーション 代表
M.クリシュナムルティ

みなさんの無事を祈っています(ガーナ)

レスキュー・ファウンデーション・ガーナ 代表私、シルビアとレスキュー・ファウンデーションのスタッフ一同、日本を襲った大災害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

テレビの報道を観ましたが、本当に悲しいものでした。地震と津波でたくさんの尊い命が失われてしまったことに心からお悔やみ申し上げます。あなた方とご家族の皆様がどうぞ無事でおられることを心からお祈りいたします。

皆さまが無事でおられることを神に祈り続けます。
愛と祈りをこめて。

レスキュー・ファウンデーション・ガーナ 代表
シルビア・ヒンソン

 

ACEの東日本大震災への取り組み 関連ページ

  • Pocket

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2011.03.28