中国:アップル社の製造工場で児童労働が増加

中国:アップル社の製造工場で児童労働が増加

Pocket

北京(2011年2月15日)ーアップル社が発表したレポートによると、2010年に同社の製造工場で児童労働に従事していた子どもの数は91名に上り、さらに137名の従業員がノルマルヘキサン中毒の健康被害にあっていた。

アップル社の製造業者に関する年次報告書によると、前年度の約9倍となる91名以上の児童が仕入先で働いていたことを認めた。同社は、年齢偽証の懸念から、年齢チェックを強化している。レポートは、労働時間等の労働条件の順守状況が悪化していることも示しており、同社の指針に順守している施設は監査した施設の1/3以下に過ぎないと述べている。

また、アップル社は商品を製造する中国蘇州の会社で、137名の従業員がノルマヘキサン炭化水素中毒にあっていることを初めて認めた。同社が問題を認めたことを評価する声がある一方、同社が未だ事実を全て公表していないことに対する批判もある。

アップル社では、昨年同社の主要調達先である大手電子機器会社フォックスコンで自殺者が複数出たことから、より厳しく監視されることになった。同社は、フォックスコンの死亡事故に関して困惑していると共に非常に遺憾であると述べている。アップル社の最高執行責任者であるティム・クックは、他の幹部と共に施設視察のために深川へ向かい、独立した第三者に状況調査を委託した。

先月、アップル社は2010年度の第4四半期の収益を過去最高の60億ドルと発表した。

出所:guardian.co.uk ”Apple report reveals child labour increase | Technology | The Guardian

  • Pocket

  • カテゴリー:児童労働ニュース
  • 投稿日:2011.04.01