ACE監修の絵本「とりがおしえてくれたこと」発売のお知らせ

ACE監修の絵本「とりがおしえてくれたこと」発売のお知らせ

Pocket

ACE監修の絵本発売のお知らせ

(株) budori企画・制作「とりがおしえてくれたこと」

20160621_ca3906株式会社budoriが企画・制作し、ACEが監修した教育用絵本「とりがおしえてくれたこと」が発売されました。

学齢期の児童を主な対象としておりますが、社会人にも充分に活用できる内容です。

この本が、今後、フェアトレードへの理解が広く浸透していくための一助になればと、私たちは願っております。

 

 

小学生から大人まで。フェアトレードがわかる本

20160621_155b85このたび発売の「とりがおしえてくれたこと」は、これまで日本では充分に語られてこなかったフェアトレードについて、絵本の読み聞かせにより、早期教育の段階から意識の芽生えをねらいとするものです。

フェアトレードとは、生産者が人間らしく暮らし、より良い暮らしを目指すため、正当な値段で作られたものを売り買いすることです。

わたしたちの身の回りにあるモノの多くは、たくさんの国や人の手を渡って日本に届いています。その裏側には、十分に生活することができない賃金で働き、貧困に苦しむ途上国の生産者たちがいます。その中には、児童労働者として働き、教育を受ける機会を奪われている子どもも多くいます。

そこで、より「フェア」な取引(トレード)をしてお互いを支え合おうというのがフェアトレードのコンセプトです。そんなフェアトレードのことを、絵本という形でわかりやすく伝えるのが本書です。

このフェアトレードの考え方は、学校教育の場や企業のCSRの取り組みになどにおいても注目されつつあり、環境への配慮とならび、消費者教育における重要なテーマのひとつになっています。ACEは児童労働問題の解決に向け、児童労働に加担しないビジネスや消費の実現をめざし、フェアトレードを伝える本書を応援しています。

 

本書の概要

題名 「とりがおしえてくれたこと」(ISBN 9784907057039
内容 世界を自由に羽ばたく「とり」の目を通して見た、他の国の子どもたちの話を通じて問題を投げかけ考えさせる内容
著者 株式会社budori(認定NPO法人ACE監修)
仕様 判型 189mm x 189mm、ハードカバー、46ページ(フルカラー)、日英対訳、オリジナルブックマーク・大判ポストカード付属
*カバー、本文、付属ブックマーク・ポストカードは100%再生紙(山陽製紙株式会社「KAMIDECO」)を使用
価格 1,500円(消費税別)
販売方法 認定NPO法人ACEAmazon.co.jp、または一般書店でお求めください。
◇◇ ACEの絵本オンラインショップページ◇◇
http://acejapan.ocnk.net/product/285
その他 校や地域団体でロールプレイング・ゲームを通じてフェアトレードを体験学習できる「フェアトレード・ワークショップ・キット」や紙芝居版「とりがおしえてくれたこと」も販売を計画しております。(販売時期未定)

 

株式会社budoriについて

「つくる」「つなげる」「つたえる」を通して、社会のさまざまな課題を解決することを理念に掲げ、企画、設計、デザイン、運営に至るまであらゆるクリエイティブを提供する制作会社。

本社所在地:101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-9 イトーピア橋本ビル8F
設立: 20073
代表者: 有村 正一
Webサイト: http://www.budori.co.jp/

 

認定NPO法人ACE(エース)について

世界中のすべての子どもたちの権利が守られ、希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、市民と共に行動し、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGO。

事務所所在地:110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
沿革:1997 年に学生の有志により創立。インド、ガーナで子どもを児童労働から守り、教育を推進する活動や、日本国内で児童労働の問題を伝える啓発活動、政府や企業への政策提言活動、ソーシャルビジネスを通じた課題解決への取り組みを行う。2005年8月NPO法人化、2010年3月認定NPO法人として認定。
代表者: 岩附 由香
Webサイト: http://acejapan.org/

【プレスリリース】ACE監修の絵本発売のお知らせ ー(株)budori企画・制作「とりがおしえてくれたこと」

  • Pocket

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2016.06.30