【6/12は児童労働世界デー】世界の子どもたちのために、あなたにできること

【6/12は児童労働世界デー】世界の子どもたちのために、あなたにできること

Pocket

子どもたちのために、あなたができること メイン画像

いまも世界では1億5200人の子どもたちが児童労働を強いられています。 学校に行く機会を失い、過酷な労働によってケガや病気を患い、 未来を奪われている子どもたちを、ひとりでも多く、一刻も早く救うために。6月12日の「児童労働反対世界デー」に合わせてあなたにできること、 ACEから3つ、ご提案します。

1. 映画『The Price of Free』を観よう!(6/8〜6/16)

The Price of Free』は、ノーベル平和賞受賞者、カイラシュ・サティヤルティ氏がどのように子どもたちを児童労働から救出し、グローバルなムーブメントを起こしたかを追ったドキュメンタリー映画です。だれでもYouTubeで無料で視聴できます。

6/8〜6/16はThe Price of Free視聴強化週間!

ACEでは、6月12日の「児童労働反対世界デー」を中心に、6月8日〜6月16日をThe Price of Free視聴強化週間とし、一人でも多くの皆さんにこの映画をご覧いただき、児童労働問題について考えるきっかけにしていただきたいと考えています。グループで上映会を開いても、ひとりで観てもOKです!

児童労働解決へあなたができるアクションの第一歩として、この機会にぜひこの映画をご覧いただき、あなたの周りの方々へも児童労働問題のことを広めてください!

◇ SNSで感想をシェアしよう!
この映画をご覧になった皆さんの感想をぜひSNSでシェアし、より多くの方々へこの映画を広めてください!投稿するときは、「#プライスオブフリー」 のハッシュタグをお願いします。

\たくさんの感動の声を頂いています/
これまでにThe Price of Freeをご視聴いただいた方々から、「命がけで子どもたちを助けるカイラシュさんに心を打たれました」など、たくさんのご感想を頂いております!
詳しくはこちらから

◇ 期間中に上映会開催される方にはリーフレットを無料でご提供!
Child Labour 5 X 5この映画を観たあとに、児童労働解決に向けてアクションを起こしたくなった方は、ぜひ「Child Labour 5×5=児童労働について5つのメッセージを5人に伝えよう」に参加してください。世界から児童労働をなくし、1 億人の子どもが安全・安心に暮らし、学校へ通えるように、5つのメッセージをあなたの周りの人に伝えるキャンペーンです。

上記期間中に映画上映会を開催される方には、このキャンペーンのリーフレットを無料でお送りします。
上映会のお申込みはこちらから
リーフレットはここからダウンロードも可能です(PDFファイル)

 

2. レッドカードの写真を撮ってSNSにあげよう!(4/27〜6/16)

ストップ!児童労働キャンペーン2019」の参加型アクションである「レッドカードアクション」は、ハッシュタグ #STOPCL をつけてレッドカードの写真を投稿するだけで、1枚あたり200円が児童労働をなくすための寄付になります。

投稿枚数の目標は1,500枚!このレッドカードを使って、1人でも多くの人にこの問題を知らせ、児童労働ゼロの未来を共に実現しましょう!

レッドカードアクション・投稿する皆さんにはお金はかかりません
・1人あたり何枚でも投稿可能です
・必ずハッシュタグ #STOPCL をつけて投稿してください
・SNSに投稿する際は必ず「公開」設定にしてください
・スマホ画面にレッドカードを写して写真を撮るのもOK

キャンペーンの詳細・レッドカードのダウンロードはこちらから

皆さんからのご参加をお待ちしています!

 

 

3. ACEのクラウドファンディングを応援する!(6/10〜7/24)

児童労働ゼロの世界へ!ACE SDGsプロジェクト2019

児童労働ゼロの世界へ!ACE SDGsプロジェクト2019「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げる「2025年までに児童労働をゼロにする」の期限まで、あと6年。1億5200万人といわれる児童労働者が「誰一人取り残される」ことなく、子ども時代を生きることができる世界を実現したい!

7月24日までに500万円の寄付を集めることを目標にクラウドファンディングを実施いたします。寄付はもちろん、このプロジェクトを人に知らせることも、大きな力になります。

【プロジェクト概要】
プロジェクトサイト:
https://readyfor.jp/projects/ACE_SDGs2019
実施期間:6/10 (月) 〜 7/24(水)
目標金額:500万円
※ご寄付は、寄付サイト「READYFOR」のしくみを活用して募ります。
※目標金額以上が集まらないと寄付は成立しません。

【サプライチェーンから児童労働をなくすために】
児童労働の要因は複雑に絡み合っていて、児童労働撤廃にひとつの答えはまだ存在していません。ただ、分かっているのは、そこに多くの関わる人たちを巻き込んだ活動を続けていくことが必要であるということです。世界では、サプライチェーン(製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、配送、販売、消費までの全体の一連の流れ)に児童労働などの人権侵害がないことを求める法律が策定されるなど、大きな変化が起きています。この変化を追い風に、児童労働ゼロの世界を現実のものにするため、ACEは活動を続けていきます。

児童労働をなくすための取り組みは、SDGsの多くの目標と関連しています。
目標12「つくる責任、つかう責任」をはじめとする多くのSDGsの目標の達成を通じて、
ACEはすべての子どもたちが児童労働から守られる世界の実現を目指します!

寄付する

  • Pocket

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2019.06.08