第3回「エクセレントNPO大賞」課題解決力賞にノミネート

第3回「エクセレントNPO大賞」課題解決力賞にノミネート

Pocket

2014年12月9日、「エクセレントNPO」をめざそう市民会議が主宰する第3回「エクセレントNPO大賞」表彰式が行われました。ACEは「エクセレントNPO大賞」課題解決力賞にノミネートされましたが、残念ながら受賞には至りませんでした。

ACEは第3回「エクセレントNPO大賞」の課題解決力賞にノミネートされました

「エクセレントNPO大賞」について

「エクセレントNPO」とは、市民性、社会変革性、組織安定性の三つを基本条件とする望ましい非営利組織像の概念です。3回目となる今回は106団体からの応募があり、市民賞・課題解決力賞・組織力賞の各賞にノミネートされたNPOの中から『エクセレントなNPOになるために頑張っているNPO』が表彰式当日に発表されました。

第3回「エクセレントNPO大賞」受賞団体

大賞 「シャプラニール=市民による海外協力の会
市民賞「ママの働き方応援隊
課題解決力賞「にじいろクレヨン
組織力賞「シャプラニール=市民による海外協力の会

審査講評を受けて

表彰式当日、審査委員より今回のノミネートについて講評をいただきました。「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」などユニークで分かりやすいアイテムの開発など、企業などを巻き込みながら、日本社会に児童労働の問題を提起してきた実績が高いと評価いただきました。また、寄付者ボランティアへの呼びかけ方法や参加メニューが工夫に富み、市民性という点でも評価くださった審査委員もいらっしゃいました。

一方で、現在ACEが支援しているインドとガーナの2カ国の取り組みだけでは目標である世界全体の児童労働問題の解決は難しい点と、ACEが掲げている目標と実際に行っていることの距離感を把握したさらなる活動計画の必要性などをご指摘いただきました。

左から:スマイリングホスピタルジャパン、にじいろクレヨン、自立生活サポートセンター・もやい、ACE

課題解決力賞ノミネート団体:左から スマイリングホスピタルジャパン、にじいろクレヨン、自立生活サポートセンター・もやい、ACE

 

課題解決力賞には70団体以上の応募がある中で、今回ノミネート団体に選ばれたのは、日頃からACEを支えてくださるみなさんのおかげです。いつもご支援、応援ありがとうございます。

 

エクセレントなNPOになれるよう今後も精進してまいります

今回の表彰式では、さらにエクセレントなNPOになるための課題がより明確になりました。今後もさらに市民力、組織力、課題解決力を磨いて、子どもたちが笑顔で安心して暮らせる社会のために精進してまいりますので、ぜひ今後ともご支援、応援のほどよろしくお願いいたします!

 

2014年末までにマンスリーサポーター200人募集中!

2014年12月10日、パキスタンのマララ・ユスフザイさんと、インドのカイラシュ・サティヤルティさんがノーベル平和賞を受賞されました。二人のノーベル平和賞受賞を受け、今後「女子の教育」や「児童労働」への取り組みが国際的にも加速していくはずです。

ですが、ACEが支援しているインドやガーナでは、今なお多くの子どもたちが児童労働に従事しています。子どもたちを児童労働から守るため、ぜひ、ACEのマンスリーサポーターとなって「児童労働のない未来」の実現に向けたご協力を、どうぞよろしくお願いいたします!

ACEは2014年待つまでに、マンスリーサポーター200人を募集しています

  • Pocket

  • カテゴリー:報告
  • 投稿日:2014.12.10