幸せへのチョコレート

【2015】ガーナの子どもたちからバレンタインメッセージが届きました

Pocket

2015年も、ACEが支援しているガーナのカカオ生産地域の子どもたちから、バレンタインメッセージが届きました。

「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」の売上の一部をはじめ、森永製菓「1チョコfor1スマイル」を通じた寄付など、みなさんからいただいたチョコ募金を通じて支援してきた子どもたちです。

コンフォート・アデュセイくん(中学2年生)

このバレンタインという 特別な日の思い出は、 いつも私の心を笑顔と喜びで 満たしてくれます。 それは、言葉では表せない日本の大切な友達への感謝の気持ちです。 いつも支援と寄付をしてくれて 本当にありがとう! ハッピーバレンタイン!

アデジ・グラッディズ(中学3年生)

アデジ・グラッディズ (中学3年生)

アドワ・セワ・クリスタベール(中学3年生)

アドワ・セワ・クリスタベール (中学3年生)

アリス・タウィア(中学2年生)

アリス・タウィア (中学2年生)

ミモ・アビゲール(中学3年生)

ミモ・アビゲール (中学3年生)

ベルコ・フリンポン・ランドルフ(中学2年生)

ベルコ・フリンポン・ランドルフ (中学2年生)

オウス・フランク、ガブリエール 兄弟(中学1年生)

オウス・フランク(上) オウス・ガブリエール(下) (中学1年生)

 

これまでにガーナの子どもたちから届いたバレンタインメッセージ

 

カカオ生産地でひとりでも多くの子どもを救うために

バレンタインメッセージをくれた子どもたちが継続して学校へ通えるよう今後も支援してまいります。そして、今なおカカオ生産地で危険で有害な児童労働をしている子どもたちを守るため、みなさんからのより一層のご支援・ご協力を必要不可欠です。

2015年のバレンタインデーは土曜日のため、例年のバレンタインよりチョコを「あげなかった&もらわなかった」方は、ぜひ「あげたつもり・もらったつもり」で、カカオの国の子どもたちのため、あげたつもり&もらったつもり「チョコ募金」にご協力をお願いします。

ガーナの子どもたちを笑顔にするために
応援よろしくお願いします!

チョコ募金

  • Pocket

  • カテゴリー:報告
  • 投稿日:2015.02.13

ページの先頭へ戻る