ACE支援活動地ガーナ産のカカオ豆を使用した チャイルドレイバーフリーのチョコレートが初めて商品化、9月より発売

ACE支援活動地ガーナ産のカカオ豆を使用した チャイルドレイバーフリーのチョコレートが初めて商品化、9月より発売

Pocket

【プレスリリース】

日本を代表する有名ショコラティエであり、カカオ豆からチョコレートを作る職人でもある ショコラティエ パレ ド オールの三枝俊介氏が、このたび、ACEが支援活動を 続けてきたガーナ産のチャイルドレイバーフリーのカカオ豆を使用したチョコレートの 商品開発に初めて成功し、来る9月22日(木)より同氏が経営する「パレ ド オール」の 全国店舗で一斉に販売が開始されることになりました。

 

世界の子どもを児童労働(*1)から守るために活動する認定NPO法人ACE(東京都台東区、代表 岩附由香)は、児童労働が常習的に行われてきた、世界第2位のカカオ生産国ガーナのカカオ生産地において、2009年から児童労働や人身売買から子どもたちを救出し、子どもの教育や貧困農家の収入向上を支援する活動を続けてまいりました。その活動の一環として、村の住民や農家と協力して、カカオの生産に児童労働がないことを継続的にモニタリングする仕組みを作ることで、チャイルドレイバーフリーのカカオ豆(*2)を生産することに成功しました。

ACEは、児童労働の慣行をなくすためにはサプライチェーンの下流にいる消費国からの働きかけが重要と考えており、その契機とするために、商社の協力を得て、このカカオ豆の日本への輸入を模索してまいりました。そのカカオ豆が今年3月に初めてガーナから日本に輸入され、このたび三枝俊介氏が清里の工房でチョコレートに仕上げました。ショコラティエがチャイルドレイバーフリーの豆を使いビーントゥバーチョコレート(*3)を製品化するということは、世界でもあまり例のない取り組みです。

三枝氏が商品化したビーントゥバーチョコレート「ガーナ スマイルカカオプレミアムビーントゥバー」と、ボンボンショコラのセット「ガーナスマイルカカオプレミアムボンボンシショコラ」は、同氏が経営する高級チョコレート専門店のアルチザン パレ ド オール、ショコラティエ パレ ド オールの全国の店舗を通じて、9月22日(木)から販売されます。これら商品の売上より1商品につき200円が児童労働をなくすための活動支援としてACEにご寄付いただけることになっております。

新製品の発売に当たり、「ショコラティエ パレ ド オール 東京店」において、別紙概要のとおり、商品発表会が開催されます。 ACE事務局長の白木朋子も登壇する予定です。是非ご参加ください。

*注

1)児童労働とは、15歳未満の子どもの義務教育を妨げる労働や18歳未満の子どもによる危険有害労働を指し、国際条約や各国の法律で禁止されています。世界では1億6800万人(2013,ILO)、ガーナのカカオ生産地では92万人(2015,Tulane University)の子どもが児童労働を余儀なくされています。

2)認定NPO法人ACE(エース)がガーナ、アシャンティ州のカカオ生産地で児童労働をなくすためのプロジェクトを実施した地域で収穫された、国際フェアトレード認証カカオのこと。ACEがプロジェクトを実施した村では、地元住民が地域に児童労働がないことを継続的にモニタリングする仕組みを作っています。

3)「豆からバー(板状)になるまで」という意味の通り、チョコレートの作り手がカカオ豆の焙煎から加工、チョコレート製造の全工程を自社の工場で行うチョコレートのこと。アメリカやヨーロッパなどでブームを巻き起こし、日本でも近年ブームとなってきています。


詳しくは下記のプレスリリースを御覧ください。

【プレスリリース】ACE支援活動地ガーナ産のカカオ豆を使用した チャイルドレイバーフリーのチョコレートが初めて商品化、9月より発売

  • Pocket

  • カテゴリー:プレスリリース
  • 投稿日:2016.08.29