幸せへのチョコレート

【ガーナ便り】ジャネットさんが学校に行きたくない理由

Pocket

ガーナ、アシャンティ州のンスオンテム村に住む15歳の女の子、ファティ・ジャネットさんは、以前カカオ畑で働いていました。

ンスオンテム村で「スマイル・ガーナ プロジェクト」が始まった3年前、子ども保護委員会の説得によって彼女の親はジャネットさんをカカオ畑での労働させることをやめました。しかしながらその後、なぜか彼女自身は学校に行くことを拒み続けます。

理由は彼女がその時点で12歳となっていて、その年齢で小学校低学年に入学することが恥ずかしいと思ったからです。結局は親や先生、そして現地スタッフの説得にもかかわらず、3年以上学校に行かないまま過ごしていました。

しかしながら2017年の10月から、彼女は急に学校に行くようになりました!理由は周りの子どもたちがみんな学校に行っていて、その姿がとても楽しそうに見えたからでした。何より彼女と同じく、働いていて学校に行くのが遅れた子どもも、楽しく通っている姿に刺激を受けたとのことです!

ファティ・ジャネットさん(右端)

ファティ・ジャネットさん(右端)

 

彼女のようにいろいろな理由で学校に行きたがらない子どもたちもいます。しかしながら学校はただ勉強する場所であるだけでなく、友達と遊んだり、様々な「生きる力」を身に着ける場所でもあります。

そのためには、学校が楽しいところ、ぜひ子ども達が行きたいと思うことが重要です。これまでプロジェクトでは教員研修などを通じて、子どもたちにとって魅力的な環境を作ることの大切さを強調してきました。また子ども権利クラブでは、同じクラスに年が離れていた子どもがいたとしても、優しく受け入れるようにしようと働きかけています。それが実を結んでいることを実感しました。

村の子どもたちと遊ぶジャネットさん

村の子どもたちと遊ぶジャネットさん

 

今までプロジェクトを実施してきた地域は、今年の1月をもっていったん卒業になります。これからは村人自身の手で児童労働のないカカオ生産地を維持していくことになります。今回のジャネットさんの話を聞いて、これまでの成果を実感したとともに、これからは村人自身の手でそれを維持していくことは可能であると確信しました!

 

 1 more LOVE キャンペーン実施中!

1 more LOVEキャンペーン」は、あなたのあふれる「愛や感謝=LOVE」を、そばにいる大切な人に加えて、遠く離れたチョコレートの故郷ガーナの子どもたちにも届けよう! というキャンペーンです。ガーナの子どもたちが教育の機会を与えられ、遊び、学びながら、自らの意思で人生を築くことができるように、あなたのLOVEで子どもたちを応援してください!

1morelove_debugger3

ガーナの子どもたちを笑顔にするために
応援よろしくお願いします!

チョコ募金

  • Pocket

  • カテゴリー:子ども支援
  • 投稿日:2018.01.26

ページの先頭へ戻る