世界同時”無料”公開:カイラシュ・サティヤルティ氏ドキュメンタリー映画 “The Price of Free” 〜 あなたも上映会を開催しませんか?

世界同時”無料”公開:カイラシュ・サティヤルティ氏ドキュメンタリー映画 “The Price of Free” 〜 あなたも上映会を開催しませんか?

Pocket

The Price of Free

 

2018年11月14日に世界同時”無料”公開決定!

The Price of Free

The Price of Freeノーベル平和賞受賞者、カイラシュ・サティヤルティ氏の活動を描いたドキュメンタリー映画でサンダンス映画祭においてUSドキュメンタリー部門グランプリ」を受賞しました。 

カイラシュさんは、30年以上にわたって、強制労働、債務労働、児童労働から86000人の子どもを救い、子どもの権利のために世界的に活動しています。21世紀の今日、子どもたちが直面している過酷な現実を私たちに突きつけるとともに、一緒に行動を起こすことで社会を変えられると思う力を私たちに与えてくれます。 

サティヤルティ氏の発案で現在世界中において展開されている「100ミリオン・キャンペーンの一環として、1114「世界同時公開日」となりました。

 

原題:THE PRICE OF FREE
制作:アメリカ
監督:Derek Doneen
内容:インドの人権活動家カイラシュ・サティヤルティ氏が、どのように子どもたちを児童労働から救出し、グローバルなムーブメントを起こしたかを追ったドキュメンタリー。
上映時間:1時間32分
(※日本語字幕付き)
受賞:サンダンス映画祭 USドキュメンタリー部門グランプリ受賞

映画「The Price of Free」予告編(英語字幕のみ)

 

無料で上映会を開催しませんか?

カイラシュさんは、2018年11月14日をこの映画の「世界同時公開日」とし、現在世界中で展開されている100ミリオン・キャンペーンの一環として、世界中の学校や職場、地域などで上映会を行おう!と呼びかけています。インターネットに接続できる環境であれば、どなたでも無料で上映会を開催していただけます※。

世界同時公開という記念すべき日に、あなたの周りにいる人々とこの映画を鑑賞し、児童労働の撤廃に向けて何ができるのかを一緒に考える一日にしませんか?

学校・職場・地域などで上映会をご希望される方は、下記のお申し込みフォームよりお申し込みください。

※この映画はYouTubeでの配信になります。

申込フォームへ


Q&A (上映会開催について ) 

■11月14日は何時でもいいのですか? 

24時間、ご都合のいい時間にいつでも無料で上映できます。 

■上映会を開催するには、どうしたらいいですか? 

ACEホームページの専用申込フォームから、お申し込みください。 

■どうやって映画を上映するのですか? 

映画を上映するには、インターネット接続が必要となります。 事前にACEからURLをご連絡します。当日は、インターネット上から視聴することになります。 
※この映画はYouTubeでの配信になります。

■日本語字幕はついていますか?

はい、日本語字幕はついています。YouTubeの字幕設定で日本語字幕を選択してください。YouTubeでの字幕設定方法については下記のファイルをご参照ください。

YouTubeでの字幕設定方法

 

ACE主催でも上映会を開催します!

ACEでもこの世界同時公開の11月14日に、参議院議員会館にてACE主催上映会を開催することになりました。どなたでも無料で参加可能です。

カイラシュさんは、ACEにとって立ち上げのきっかけとなった恩師であり、児童労働問題に取り組む尊敬する先輩活動家です。カイラシュさんの弛まぬ活動があったからこそ、今のACEがあります。そんなカイラシュさんの活動を描いた初のドキュメンタリー映画です。

世界同時公開という記念すべき日に、この映画をみなさんと一緒に鑑賞し、私たちが児童労働の撤廃に向けて何ができるのかを考える一日にしたいと思います。皆様のご参加を心よりお待ちしています!

日時:20181114日(水)16時~18 
会場:参議院議員会館 101会議室 
主催:認定NPO法人ACE 
参加費:無料  

➡️ ACE主催の上映会の詳細はこちらから

カイラシュ・サティヤルティ氏

カイラシュ

-「カイラシュ・サティヤルティ子ども財団」創設者
-「児童労働に反対するグローバルマーチ」名誉代表
–  2014年ノーベル平和賞受賞者

1981年から長年児童労働問題に取り組み、救出やリハビリ施設を運営するインドのNGO、BBA(子ども時代を救え運動)を創設。これまで過酷な労働から解放した子どもの数は85,000人に上る。児童労働に反対するグローバルマーチの構想を提案、1998年に5大陸で市民を巻き込みマーチを実現、ILOでの最悪の形態の児童労働条約の採択につなげた。教育のためのグローバルキャンペーンの創設者として、各国の教育支援動員にも成功。児童労働のないカーペットのラベル“Good Weave”を創設し、消費者の意識啓発にも努めてきた。2014年、マララ・ユスフザイさんと共に「子どもや若者の抑圧、またすべての子どもの教育を受ける権利に対する闘い」の功績を認められ、ノーベル平和賞を受賞。

・「カイラシュ・サティヤルティ子ども財団」 http://satyarthi.org/ 

・「児童労働に反対するグローバルマーチ」 http://www.globalmarch.org/

 

100ミリオン・キャンペーンとは

Screen Shot 2018-07-09 at 16.22.10100ミリオンキャンペーンは、世界の子ども・若者に「自由」「安全」「教育」が保障された世界を創るためにアクションを起こそうという世界的なキャンペーンです。

1億人の子ども・若者が、社会の底辺で暮らす1億人の子どものために立ち上がって、社会を変革するための活動を行います。世界から子どもに対する暴力と児童労働をなくし、教育の機会を保障することによって、暴力、貧困、非識字の連鎖を断ち切り、個々の可能性を発揮できる世界の実現が目的です。

このキャンペーンは、ノーベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティヤルティ氏が発案し、2016年にインドで開始されました。

(注)子ども・若者とは13~25歳を指します。

 

賛同団体

・湘南学園中学校高等学校(神奈川県)

広島文教女子大学(広島県)

横浜商業高等学校(神奈川県)

カサコ/casaco (神奈川県) 

・独立行政法人 国際協力機構(JICA)

順天中学高等学校(東京都)

参考

100ミリオンキャンペーンのウェブサイト

100 Million Makers Youth Japan 
(日本の大学生有志が中心に立ち上げた100ミリオンキャンペーンのグループ。現在メンバー募集中!)

 

カイラシュさん関連ページ

お申込・お問合せ

認定NPO法人ACE(エース)
TEL:03-3835-7555
Email: advocacy%acejapan.org (%を@に変えて送ってください)

 

  • Pocket

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2018.10.15