「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」についてのご案内

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」についてのご案内

Pocket
LINEで送る

この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。また、感染拡大によって、さまざまな影響を受けられているみなさまにもお見舞い申し上げます。

厚生労働省から案内されている「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」について、アルバイトをしている高校生なども申請できるという情報を得ましたことから、ご紹介します。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは?

中小企業で働いていて、新型コロナウイルスの影響で休業させられた人のなかで、休業中に賃金(休業手当)を受け取れなかった人は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」を申請でき、支援金・給付金が支給されるという制度です。
申請が通れば、休業前の賃金の8割(日額の上限は1万1000円)を休業した状況に応じて支給されます。

申請をするには、いくつか条件があります。次の条件に当てはまりますか?

✓ 働き先は中小事業主である。
✓ 令和2年4月1日から9月30日までの間に、事業主の指示で休業した。
✓ その休業に対して賃金(休業手当)を受け取っていない。
✓ 労働保険(労災)に入っている。 
✓ 申請する本人名義の銀行などの口座をもっている。

これらの条件に当てはまると思われる場合は、申請方法などを説明したご案内を作成しましたので、ご覧ください。
「新型コロナウイルスの影響でアルバイトによる収入が減った生徒のみなさんへ」

申請にあたっては、事業主さんに記入してもらう必要があります。申請書の他に、本人確認の書類や給与明細などを準備しなければなりません。簡単な手続きではありませんが、新型コロナウイルスの影響によって、アルバイトを休むように言われ、アルバイト代が少なくなったり、ゼロになってしまっている人たちにとって、少しでも生活費の足しになればと思い、ご案内しています。

休業した期間が令和2年4月から6月に関して申請される場合、締め切りが令和2年9月30日と迫っております。ご不明な点などありましたら、「厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター」(Tel:0120-221-276)にて、お問い合わせを受け付けています。

該当しそうだなと思われる方、上記URLのご案内をご覧いただければと思います。
また、またそのような方が周りにいらっしゃる方、このご案内についてお知らせいただければと思います。

ACEは、またお役に立ちそうな情報が入りましたら、ご案内させていただきます。
新型コロナウイルス感染症の終息には、時間がかかりそうです。みなさまのご健康を心より祈っております。

わたしたちにできることはたくさんあります。
子どもの笑顔のために、できることから始めてください!

個人でできること

  • Pocket
    LINEで送る

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2020.09.07