幸せへのチョコレート

「アフリカの魅力を知る」連続セミナー第3回 アフリカの次世代を考える~アフリカの子ども、若者、そして起業~

このイベントは終了しました

開催日 2016.01.13
開催場所 JICA地球ひろば (東京都新宿区市谷本村町10-5)
「アフリカの魅力を知る」4回連続セミナー
第3回 アフリカの次世代を考える~アフリカの子ども、若者、そして起業~

ガーナ・カカオ生産地の子どもたち

人口が減少する日本に対し、アフリカは人口増加率が全体で年2.7%となっており、世界平均の1.18%を大幅に上回る勢いです。そして現在アフリカは生産者人口(15~64歳)の増加率が全体の人口増加率を上回る「人口ボーナス期」が今世紀末まで続く見込みです。

そんな世界にあって、アフリカの青少年と雇用・企業の問題は、今後世界の経済、開発、環境、そして平和にも大きな影響を及ぼすことになります。これから若者が増え続けるアフリカは、大きな市場となり、また優秀な人材供給源となり、世界の発展に大きく寄与する可能性を有します。他方、増える若者への雇用が不足すると、それが貧困、周縁化、そしてテロなどへの脅威につながる可能性もあります。またアフリカはいまだ5人に一人の子どもが児童労働に従事している現実もあり、これはアフリカの開発と成長を阻害する要因でもあります。つまり、若者と子どもの問題は、アフリカにとって発展への原動力にも懸念材料にもなりうるのです。

日本はアフリカ開発会議の主催者として、アフリカの次世代に何ができるのか。日本、アフリカ、そして世界の次世代の為に、アフリカの子ども、若者、そして起業についてみなさまとともに考えます。

開催概要

日時2015年1月13日(水)19:00~21:00
会場JICA地球ひろば
(東京都新宿区市谷本村町10-5)
JR・東京メトロ 市ヶ谷駅より徒歩約10分
参加費無料
定員70名
実施市民ネットワーク for TICAD (Afri-Can)
共催外務省
世界銀行
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会、
特定非営利活動法人ACE

 

プログラム

19:00-19:10 開会挨拶

19:10-19:30 アフリカにおける次世代育成の展望と課題‐ガーナのケース
(アルバート・イエリファイ:ガーナ大使館領事(貿易・商務))

19:30-19:45 アフリカにおけるグローバル企業の活動と若年雇用
(ILOジュネーヴ本部 上級専門家 荒井由希子)

19:45-20:00 アフリカ子どもと人権
(NPO法人ACE 近藤光 ガーナプロジェクト担当)
※ACE代表 岩附由香のメッセージビデオも上映

20:00-20:15 アフリカビジネスの可能性―在日アフリカ人ビジネスマンからのメッセージ
(株式会社アフェックス クワシ・チェイ・アモアベン代表取締役)
*表題は変更の可能性あり

<休憩>

20:25-20:55 登壇者によるパネルトークと質疑応答

20:55-21:00 閉会の挨拶

お申し込み

イベント申込フォーム からお申込みください。

 

お問い合わせ

市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)
事務局/〒110-0015台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階西
(特活)アフリカ日本協議会 電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
e-mail: ajf.event@gmail.com

市民ネットワーク for TICAD (Afri-Can)とは
アフリカにかかわる活動をしている20以上のNGO団体から成るネットワーク組織です。第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向けた提言活動を行う目的で結成され、アフリカ市民社会と提携しつつ、イベント開催や関係者との連携を通じてアフリカの多様性や文化の普及に努めています。

※本セミナーは、2015年度外務省NGO研究会(TICAD VIに向けて:アフリカ開発とNGOの役割)の一環で実施します。

ページの先頭へ戻る