【開催報告】9/4 第9回 ACE 法人会員交流サロン

【開催報告】9/4 第9回 ACE 法人会員交流サロン

Pocket

原料調達から消費まで 持続可能性を高めるためには

第9回ACE法人会員サロン

第9回目の法人会員交流サロンは、児童労働をはじめとするアパレル・繊維産業の人権課題を解決するビジネスの促進を目的として実施している「サステナブル・テキスタイル連続プログラム」の第2回目セミナーを兼ね、「原料調達から消費まで 持続可能性を高めるためには」と題し、株式会社りそな銀行の松原稔さんと一般財団法人ニッセンケン品質評価センターの山崎利明さんをお迎えして、「持続可能な調達」や「消費の見える化」などをキーワードに、企業の持続可能性を高める方法について学ぶ場となりました。

まず、松原稔さんから「持続可能な調達の伴走~ESGエンゲージメントの事例から~」とし、金融を通じてどのように社会課題を解決していけるのかということを世界のESG投資の関心についてご紹介いただきながらお話しいただきました。山崎利明さんからは「持続可能な生産から消費を見える化するために~エコテックス認証の事例から~」と題し、繊維業界の抱える課題とその解決の一端を担う認証についてご説明いただきました。その後、ACE代表の岩附より、繊研新聞社とACEが共同で行ったファッション企業調査結果の報告に触れながら、原料調達から消費まで持続可能性を高めるための世界・日本の動向についてお話しました。

参加者同士のグループディスカッションでは、異業種の方々がさまざまな意見を交わされ、講演内容に関してたくさんのコメントや質問があげられました。その後、岩附がモデレーターを、松原さんと山崎さんにパネリストを務めていただき、グループディスカッションで出た質問を元にパネルトークを行いました。

セミナー後は、今回会場をご提供いただきました一般財団法人ニッセンケン様の会議室にて引き続き懇親会を行いました。

第9回ACE法人会員サロン
第9回ACE法人会員サロン

イベント概要

日時 2019年9月4日(水)
 セミナー15:30~18:00/懇親会18:00~19:00
会場 一般財団法人ニッセンケン品質評価センター ニッセンケンビル7階 会議室
プログラム ・ゲストスピーカーのトークセッション 
・グループワーク
・パネルディスカッション

 

登壇者

松原 稔 さん

りそな銀行松原さん株式会社りそな銀行アセットマネジメント部責任投資グループグループリーダー

1991年4月にりそな銀行入行、年金信託運用部配属。以降、投資開発室及び公的資金運用部、年金信託運用部、信託財産運用部、運用統括部で運用管理、企画を担当。2017年4月より現職。 2000年 年金資金運用研究センター客員研究員、2005年 年金総合研究センター客員研究員。 MPTフォーラム代表幹事、持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ共同座長・運営委員。WICIジャパン「統合報告優良企業表彰」審査委員会委員他。

山崎 利明 さん

ニッセンケン山崎さんプロフィール画像

一般財団法人ニッセンケン品質評価センター エコテックス事業所 所長代理

2004年に信州大学繊維学部卒業、財団法人日本染色検査協会(現 一般財団法人ニッセンケン品質評価センター)入社。エコテックス®事業所に在籍。2013年、エコテックス®国際共同体STeP認証 監査員資格取得。
・主な仕事:エコテックス®認証の普及に向けた支援
・仕事に対する思い:繊維産業のサプライチェーン全体における安心・安全な繊維製品、サステナブルな生産工場に対して、エコテックス®認証を通して業界の発展に導くことに貢献したい。

岩附 由香

岩附由香認定NPO法人ACE 代表

創設者として1997年の大学院在学中にACEを設立、以後代表。上智大学文学部、大阪大学大学院国際公共政策研究科修了後、NGO職員、会社員、国際機関職員、フリー通訳等を経て現在はACEの活動に専念。人権・労働面の国際規格SA8000の監査研修修了、CSRに関する深い知見を持ち、これまで大手上場企業のステークホルダーエンゲージメントに参画。著書に『わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。』監訳に『インドの債務児童労働』。 


ACE法人会員について

児童労働問題の重要性を理解し、賛同いただける法人様に会員としてACEの活動を支えていただいております。

ACE法人会員の詳細・お申込

ACE法人会員交流サロンの詳細

 

ACE紹介資料(企業様向け)

brochACE紹介資料(企業様向け)
ダウンロードしてお読みください。

 

  • Pocket

  • カテゴリー:報告
  • 投稿日:2019.10.16