2021年は「児童労働撤廃国際年」です!

2021年は「児童労働撤廃国際年」です!

Pocket
LINEで送る

IY_event_flyer2021年は、国連が定めた「児童労働撤廃国際年」です。
SDGs(持続可能な開発目標)8.7に含まれる「2025年までの児童労働撤廃」達成のために、多くのステークホルダーが結集して行動を起こすことをめざしています。
この国際年を主導しているILO(国際労働機関)からのキーメッセージは、“Act now to end child labour”(今、児童労働撤廃のためにアクションを起こそう!)

2000年から2016年の間、約1億人の子どもが児童労働から解放されましたが、今も1億5200万人が児童労働に従事しています。
新型コロナウイルス感染拡大で、多くの子どもやその家族が学校教育の中断・混乱、家族の病気、世帯収入の減少・喪失という影響を受けています。

ILOが打ち出している戦略のキーワードは、「Act(行動)、Inspire(啓発)、Scale up(規模拡大)」。
国際年は、行動(Act)・啓発(Inspire)・スケールを拡大(Scale Up)する機会です。

1月21日(木)にはILO主催の「キックオフイベント」がオンラインで開催されます。日本時間では23時からと遅い時間帯ですが、ぜひご参加を!

ACEも「児童労働撤廃国際年」にさまざまな活動を企画しています。
一緒に「児童労働撤廃国際年」を盛り上げていきましょう!

参考

「児童労働撤廃国際年」についてのILOのウェブサイト(英語)

ILO駐日事務所による概要はこちら(日本語)

ILO主催「キックオフイベント」申し込みはこちら

  • Pocket
    LINEで送る

  • カテゴリー:お知らせ
  • 投稿日:2021.01.18