幸せへのチョコレート

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトとは

チョコレートを食べる人と作る人、みんなが一緒にしあわせになれるように、カカオ生産地の子どもたちを児童労働から守り、日本の企業や消費者と協力して、児童労働のないチョコレートがあたりまえに手に入る社会の実現を目指した活動です。

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトの背景

カカオの実を一ヶ所にあつめ、ナタで中身を取り出す作業日本は年間28万トン以上のチョコレートを消費する世界第6位のチョコレート消費国です。そのチョコレートに欠かせないのがカカオ豆。日本に輸入されるカカオ豆の約7割はガーナ産です。ガーナのカカオ生産地域では、学校に通うことができず、ナタや農薬を使うなど、ケガや病気の危険にさらされている子どもたちがいます。ACEは2009年から「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを開始しました。

ガーナでカカオを作る生産者やチョコレートを食べる消費者、チョコレートでビジネスを行う企業をつなぐことで、カカオ生産地での児童労働をなくし、すべての子どもへ質のよい教育を実現することを目指しています。

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトの目標

  1. ガーナのカカオ生産地域の子どもたちが危険労働から守られ、質の良い教育が受けられるようになる
  2. 消費者や企業などチョコに関わる人たちが児童労働の現状や児童労働と私たちの生活とのつながり、児童労働を生み出す貿易の問題や取り組みの必要性を理解する
  3. 児童労働がないことを目指したチョコレート(フェアトレードなど)を消費者が選べるようになる
  4. 消費者やチョコ関連企業がガーナの児童労働をなくすための活動をサポートする
  5. チョコ関連企業がガーナの児童労働のないカカオを使ってチョコレートを開発、販売する

ガーナのカカオ生産地における問題点

ガーナ・カカオ農園での児童労働

チョコレートの原料カカオは、赤道近くの高温多湿な地域で栽培されます。日本がカカオ豆の約7割を輸入するガーナでは、農薬の使用や森の伐採などにより自然環境が破壊されたり、子どもたちが学校に行けずに危険な労働を行っていたり、さまざまな問題が起きています。

カカオ畑での子どもの危険労働

カカオ畑では、なたを使った作業、カカオ豆や収穫した食糧作物の運搬、特に自分の力だけで頭の上まで持ち上げることができないほどの重さのものを頭に載せて運ぶ作業が危険労働とみなされています。子どもの成長に見合わない重さの荷物を運ぶことで首や腰を痛め、頭痛を引き起こします。

カカオ畑での収穫風景

学校環境の不備

カカオを生産する奥地では、行政サービスが行き届かず、教室や机、いすをはじめ、教師の人数も不足しています。教室の数が足りず外で勉強したり、村に中学校がないため進学ができない子どもたちもいます。

学校では教室が足りず屋外で授業を受けている生徒も

カカオ農家の貧困

ガーナは、家族単位の小規模なカカオ農家がほとんどです。カカオの収穫作業には多くの人出が必要なため、子どもが労働力として使われる傾向があります。親も教育を受けたことがなく、農業の知識や技術がないため、カカオの収穫量が増えず、労働者を雇うことも、子どもの学用品すら買うことができない家族が少なくありません。

ガーナのカカオ農家

ガーナのカカオ生産地域の児童労働

 

ガーナでの活動「スマイル・ガーナ プロジェクト」

ガーナのカカオ生産地域の子どもたちACEは、カカオ畑の子どもを危険な児童労働から保護し、就学を徹底することを目的とした支援活動を行なっています。それが「スマイル・ガーナ プロジェクト」です。 カカオ農家が継続して子どもの教育に投資ができるように農園経営を改善し、収入向上を目指し、児童労働の撤廃と予防を目指しています。

2009年2月からガーナのカカオ生産地で活動をはじめ、2015年までに、440人の子どもたちを児童労働から守り、学校へ通えるよう支援してきました。

カカオ生産地支援「スマイル・ガーナ プロジェクト」

 

日本で売上の一部が寄付になる「てんとう虫チョコ」を販売

「てんとう虫」は、ヨーロッパでしあわせのシンボルとして親しまれています。チョコレートを食べるわたしたちだけでなく、カカオの国の子どもたちもハッピーにしたい.....。そんな想いが込めて、ACEは「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」を販売しています。

ヨーロッパでしあわせのシンボルとして親しまれている「てんとう虫」をモチーフにしたスイスのマエストラーニ社製のフェアトレード・チョコレートです。「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」の売上の一部は、寄付としてガーナの子どもたちの教育支援に役立てられます。

売上がガーナの子ども寄付に「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」を買おう!

 

森永製菓「1チョコfor1スマイル」キャペーンの支援パートナーに

森永製菓「1チョコfor1スマイル」ガーナの子どもたちACEは、2011年1月から森永製菓株式会社「1チョコ for 1スマイル」キャンペーンの支援パートナーとなり、同社の対象商品の売上の一部をご寄付いただいています。

2013年1月から「1チョコfor1スマイル」キャンペーンの寄付を通じて支援した地区で採れたカカオを使用したチョコレートが森永製菓から販売されました。翌2014年には、日本の大手製菓メーカーとして初となる国際フェアトレード認証ラベルのついた製品が期間・数量限定で販売され、2015年1月には通年販売されました。

森永製菓「1チョコ for 1スマイル」キャンペーンとの連携

 

ガーナと日本で「児童労働を生み出さない仕組みづくり」

ACEは「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを通じて、ガーナで子どもたちを児童労働から守り、日本で市民や企業と協力した児童労働を生み出さないため仕組みづくりに取り組んでいます。

誰もが希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、ぜひACEの「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを応援してください!よろしくお願いいたします!

ガーナの子どもたちを笑顔にするために
応援よろしくお願いします!

チョコ募金

ページの先頭へ戻る