ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティヤルティ氏来日報告

ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティヤルティ氏来日報告

Pocket

ACEは、児童労働問題に長年取り組んできた2014年度のノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティヤルティさんを日本に招き、2016年5月13日(金)から16日(月)まで、東京、岡山、宮城の各地で様々なイベントを一緒に行いました。カイラシュさんは、ACE設立のきっかけとなった1998年の「児童労働に反対するグローバルマーチ」を主導した方で、いわばACEの生みの親。これまで何度も来日し一緒に活動してきましたが、今回はノーベル平和賞受賞後初の来日となりました。

4日間の日本滞在中にカイラシュさんは、初日早朝より滞在最終日の深夜まで30件にも及ぶ講演やシンポジウム、懇談会、取材などを精力的にこなし、政財界のリーダーのみなさんや、これからの時代を担う若い世代や子どもをはじめとする様々な人たちに向け、児童労働をなくすための行動を呼びかけました。多くの人の心を揺さぶったメッセージの一部をご紹介します。

 

世界中のあらゆる問題はつながっている

今の世界は四半世紀前には想像もできなかったレベルで密接につながっています。 1年365日24時間中、地球の裏側とネットでつながっている今の世界は、かつてとは全く異なる様相を呈しています。たとえば、四半世紀前に一体誰がグローバル・テロリズムの多発を想像できたでしょうか。

お互いにつながっているからこそ、経済、環境、人口の問題など、人類の抱えるどんな課題も単独で解決することは不可能で、世界的な規模で取り組まないといけないのです。 ほかの国で起きている問題を、関係のないこととして見過ごすわけにはいかないのです。

 

自分にできることから始めよう

子どもの頃に聞いた童話に、大火事になった森に向かって、水に濡れた小枝をくちばしにはさんで飛んで行くハチドリの話がでてきます。「そんなことをしても火なんか消せるわけないよ」と言って笑うライオンに向かって小さなハチドリは言いました。「わたしは、わたしにできることをしているのです」。

世の中を変えるためには大きな力を持っていないといけないということはないのです。 友達への口コミでも、SNSへの投稿、シェア、何でもいいのです。 どんな小さなことでも、何かを実行することで、確実に世の中は良い方向に一歩前進するのです。

 

世界を変えるために必要な「3つのD」

"Dream"(何かを変えたいなら大きな夢を持とう)
"Discover" (自らの能力、力を見いだそう)
"Do"(今から行動を起こそう)


今回のカイラシュさん招へい事業の実施においては、本当にたくさんの方々からご協力やご支援をいただきました。すべてのプログラムを成功裡に終えることができたのも、みなさんのご協力、ご支援のおかげです。この場をお借りしてあらためて心より御礼申し上げます。

583A0298-2カイラシュさんが届けてくれた心に響くメッセージの数々が新たな行動につながり、それが大きなうねりとなって、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」のひとつとして掲げられている「2025年までにすべての形態の児童労働を終わらせる」ことが実現するよう、ACEはこれからも、カイラシュさんはじめ世界の仲間とともに活動していきます。あなたもぜひ、児童労働のない世界をつくる仲間になってください。

 

来日中の主な活動内容

5月13日(金) 「2025年までに児童労働を終焉させる(SDGターゲット8.7)戦略円卓会議」に参加(於・東京都千代田区三崎町 庭のホテル)
5月14日(土) G7教育大臣会合シンポジウムでスピーチ "The Power of Education"(於・倉敷アイビースクエア)
5月14日(土) 来日記念公開シンポジウム「私からはじまる児童労働のない未来」へ登壇(於・文京学院大学 本郷キャンパス)
5月15日(日) 被災地視察・親子プログラム「被災地から世界につながろう!親子で描く、これからの社会」に参加(於・宮城県山元町)
5月15日(日) 宮城学院創立130周年記念 ホームカミングデー講演会で講演(於・宮城県仙台市)
5月15日(日) ACEチャリティパーティでトークショー(於・帝国ホテル)
➡ ACEチャリティパーティー 開催報告レポート
5月16日(月) 馳浩 文部科学大臣と懇談(於・文部科学省)
5月16日(月) JNNE・CL-Net共催議員懇談会で講演
5月16日(月) HEAPS主催「ゲリラシネマ」〜『THE true cost』に登壇(於・代官山カラート71)
5月16日(月) HEAPS主催「値段のないレストラン」に参加

 

「ACEチャリティパーティー」開催レポート

 252016年5月15日、帝国ホテルにて開催された「ACEチャリティパーティー~ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティヤルティ氏の来日を記念して~」には、121名もの方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、またご協賛をいただいたみなさま、ありがとうございました。

パーティー当日の写真など、開催レポートに掲載しております。

ACEチャリティパーティー 開催報告レポート

 

主なメディア掲載、インタビューや特集記事

5月15日(日) 毎日新聞(岡山)倉敷で開幕「学校教育へ投資を」 インド活動家・サティヤルティさん基調講演
http://mainichi.jp/articles/20160515/ddl/k33/010/411000c

5月15日(日

東京新聞 児童労働の製品 身の回りから撲滅
14年にノーベル平和賞・サトヤルティさん講演 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051502000121.html http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051502000146.html
5月16日(月) NHK BS1 キャッチ!世界のトップニュース  「ノーベル平和賞受賞者に聞く~子供たちの明日のために~」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/900/244983.html
5月18日(水) J-Wave JAM THE WORLD「BREAKTHROUGH」 「なんでもっと早く来てくれなかったの」児童労働の現実
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1605.html
5月23日(月) 河北新報 生きる力育んで インドの活動家対談イベントhttp://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160523_13035.html
5月25日(水)
5月27日(金)
毎日小学生新聞 サティヤルティさんのメッセージ
(その1) 学校行けず働く子たち
http://mainichi.jp/articles/20160525/kei/00s/00s/002000c
(その2止) 一つの国では解決できない http://mainichi.jp/articles/20160525/kei/00s/00s/014000c
5月29日(日)~
6月1日(水)
News Picks カイラシュ・サティヤルティ氏(4回シリーズ)
8.5万人の子を強制労働から救い、ノーベル平和賞を受賞した男」ほか
https://newspicks.com/news/1578695/body/?ref=series

※ メディア掲載全リストはこちらからご覧ください

 

カイラシュさん関連ページ

         

あなたにも、今、できることがあります。マンスリーサポーター募集中

  • Pocket

  • カテゴリー:報告
  • 投稿日:2016.06.09