ACEチャリティセミナー第3回 桐島瑞希氏「手放すことで開けた私の未来~失って得た私の道筋~」開催報告

ACEチャリティセミナー第3回 桐島瑞希氏「手放すことで開けた私の未来~失って得た私の道筋~」開催報告

Pocket

フリーアナウンサー桐島瑞希氏 「手放すことで開けた私の未来~失って得た私の道筋」

2015年12月19日(土)日比谷図書館にて、フリーアナウンサーの桐島瑞希さんを講師にお迎えし、3回目となるACEチャリティセミナーを開催しました。

本セミナーの講師である桐島さんは、フリーアナウンサーとして活躍するかたわら、2015年12月に開催された「湘南国際マラソン2015」にチャリティランナーとして出場され、寄付集めにも挑戦してくださいました。

【講師】桐島瑞希氏(フリーアナウンサー)

身長177センチ。2009準ミスワールド日本代表。OL、モデルを経て、2010年よりフリーアナウンサーとして活動。横浜を中心に、地元FM局やケーブルテレビ局等でレポーターやインタビュアーとして活動中。湘南国際マラソン2015にチャリティランナーとして出場することをきっかけに、社会貢献に関心を高め、寄付文化発展のため活動の幅を広げている。

桐島瑞希(フリーアナウンサー) チャリティランに挑戦された桐島瑞希さん 

手放すことで開けた私の未来~失って得た私の道筋~

セミナーのテーマは「手放すことで開けた私の未来~失って得た私の道筋~」です。フリーアナウンサーとしての6年間、そしてチャリティランに挑戦しようと思ってからの7ヶ月間に、桐島さんが経験されたことや考えたことなどについてお話いただきました。

私にしかできない仕事がしたい

フリーアナウンサーの仕事を続けていく中、30歳を前に心境の変化を感じた桐島さんは「私にしかできない仕事がしたい」と考えるようになったそうです。「自分にしかできないこと」を追い求める中、自ら手放したものだけでなく意図せず失ってしまったものもあったといいます。しかし、人と出会い、新たな挑戦(=チャリティラン)をすることになり、その挑戦をきっかけに新しい「仕事」や「仲間」、「価値観」に出会うことができたそうです。

フリーアナウンサー桐島瑞希さんとACEスタッフ山下との対談の様子桐島さんの講演後は、ACEスタッフの山下との対談形式で、参加者からの質問にもお答えしました。そこでは桐島さんの前向きでいるための秘訣などをうかがうことができました。

『運を動かすことが大事』

「運を運んでくるのは“人”。様々な人と関わりを持つことが大事」という桐島さんの言葉は、みなさんの心に強く響いたようです。今回のセミナーもACEを通して申込くださった方、桐島さんのチャリティランを応援されたのがきっかけで参加してくださった方など様々な方にお越しいただくことができました。

参加くださったみなさん、講師の桐島さん、ありがとうございました。

参加者の声~感想・印象に残ったこと~

  • 現状から一歩踏み出す勇気をもらえました。とても素敵なお話をありがとうございました。(20代女性)
  • 同世代の桐島さんのお話に大変共感しました。運を動かすこと、自らも実践したいと思います。(30代男性)
  • 自分の価値観が自分の人生に影響しているということ。「人」の大切さ。(30代女性)
  • 運を動かす→運動という言葉にハッとしました。他にも学ぶことがあり、楽しかったです。(30代女性)

セミナーの最後には、ポスチュアスタイリストとしても活動されている桐島さんに教えていただいた美しい姿勢で集合写真を撮りました。

ポスチュアスタイル(=美しい姿勢)での記念撮影

報告:啓発市民参加事業インターン 福島菜月

イベント&ボランティア情報など、
ACEからのお知らせ毎月2回配信中!

メルマガ登録

  • Pocket

  • カテゴリー:報告
  • 投稿日:2016.02.11